« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005/06/29

ある雨の日の情景

ベストセラー小説の映画化という謳い文句につられて、
借りてしまったDVD。
読んでから観たら面白かったのだろうが・・・・・、
無駄に2時間過ごしてしまった。
新作だから今日中に返却しないと、
延滞金を払わないとならない。
小雨が降っているけど行くとするか。

「車椅子専用駐車場」に2台の車。
大きな4輪駆動車と、
ワックス手入れの行き届いた黒のクラウン。
4輪駆動車の若者が去った「車椅子専用駐車場」 に、
ためらいもなく入ってきたワンボックス・カー。
降りてきたの携帯電話片手のお母さんと、
元気あふれた男の子2人。
     そうなんですね・・・・・・
今日は雨が降っているから、
その駐車場所は最高なんですよね。
そして隣の車の運転手も、
「車椅子専用駐車場」を見ていました。

たった2台分の「車椅子専用駐車場」が、
大げさかもしれませんが、
今の日本人を映し出しているような気がします。

「ある雨の日の情景」
吉田拓郎は元気かな???
イメージが鮮明に現れる名曲ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

『孤独の裸』:新美光靖

サボテン

何気なく図書館から借りてきた一冊の本。
『孤独の裸』新美光靖の短歌集。
これまでにも何度となく歌集を手にしましたが、
共感をおぼえる歌が数多くあり楽しめました。

他をと思い検索しましたが『孤独の裸』がファースト歌集との事で、
その後、出ていないらしいです。

第九回短歌現代新人賞佳作、第三回大伴家持大賞佳作。
1965年生まれか~~~~~~。
私は1958年生まれだから同世代と言っていいのかな???
おそらく、その辺の年代で同感・共感してるのでしょう。

現在の日常の言葉を使っての170首。
おもわず「短歌 始めよう」と考えてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/28

『DEEP BLUE』 自然ドキュメンタリー

北海道で暮らす友人が、
今年も暑い夏を迎える私のためにと、
今話題のドキュメンタリー映画
『DEEP BLUE』のDVDをプレゼントしてくれました。
良いですね~~~~~
海の中は涼しのでしょうね。
毎日、30℃を越える陸地で住むものにとっては、
本当に羨ましい限りです。

以前見た『WATARIDORI』もそうでしたし、
今公開中の『皇帝ペンギン』も最高に楽しめる映画ですね。

   

思います。
彼らの生活を、
彼らの生命を、
人間が奪う権利など、ありはしないんだと・・・・

懸命に生きる彼らを観て下さい。
そして、真剣に守る努力してください。
その努力が人間の未来を、守る事は確かです。

| | コメント (3) | トラックバック (5)

2005/06/25

『エピソードIII シスの復讐』を観ました

スター・ウォーズ『エピソードIII シスの復讐』

スター・ウォーズ『エピソードIII シスの復讐』

それほど、スター・ウォーズ ファンでない自分。
エピソードⅠ、エピソードⅡを観てから挑んだエピソードⅢ。

観終わってから、レンタル・ヴィデオ屋に行ったけど、
残念ながらエピソードⅣ、エピソードⅤ、エピソードⅥは、
借りられていました。
失敗!!!!
昨日のうちに、借りておけばよかった!!!

デッ、感想はと言いますと・・・・
内容からエピソードⅢが最高傑作のように思います。

おそらくⅣ・Ⅴ・Ⅵを観ているはずなのに、
筋書きをまるっきり思い出せない。
思い出せないから、なおさら気になり、
早く観た~~い ミタ~~イ みた~~い!!!!!!

『スター・ウォーズ』公式サイト

スター・ウォーズ関連グッズ

| | コメント (3) | トラックバック (37)

2005/06/23

盲導鈴がウルサイ・・・

先日、上司から嘆願書への署名を求められた。
友人の歯科医70歳が、
駅から聞こえてくる盲導鈴の音に悩まされ、
夜も眠れないとの事。
京成電鉄の駅の近くで暮らす彼は、
交通バリアフリー法の施行で導入され、
スピーカーから流れるウグイスやカッコウなどのさえずりが、
騒音として感じるとの意見。
職員に問い合わせたが取り合ってくれず、
また、
季節感豊かな日本人にとって、
一年中春の鳥、ウグイスのホーッホケキョを聞かされたんじゃ、
たまったもんじゃないとの事でした。

その場で暮らしてみないとわからない悩みです。
しかし、電車の音より盲導鈴の音が騒音???
この人は駅舎の中で暮らしているの???
ウグイスがダメならスズメはどうですか???
カラスなら季節に関係ありませんよ。
悩んでいるのは彼1人だけ???

B4の用紙2枚に綴られた文章を2回読みましたが、
説得力がありませんでした。
ごく少数の身体障害者のために、
大きな企業が行動を起こした事に評価をしても、
ただ1人のわがままに同意する気はありません。

この種の問題に関して、
多くの見ず知らずの人間から責任ある署名を求めるからには、
同じ悩みを持つ多くの人達と連名で行うべきと思いのです。

今の段階では彼の悩みを理解できず、
大切な責任ある署名を断りました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

スター・ウォーズ『エピソードIII シスの復讐』

『エピソードIII シスの復讐』  スター・ウォーズ
近くの映画館やってくる。
それも、
通常の公開日よりも早い
6月25日。

カミさん、カレンダーに
開演時間を記入し、
「観に行こう~~~」
と必死にアピール。


スター・ウォーズか~~~~
好きな人は、トコトン好きみたいですね。
好きだから、内容も把握しているらしく・・・
全てを忘れた私は、
1話と2話を見直さないとなりません。

アメリカでの開演初日の様子がニュースになっていたけど、
混むんだろうな~~~~

スター・ウォーズ関連グッズ



| | コメント (0) | トラックバック (4)

またもや「サラリーマン増税」

今朝の朝日新聞1面です。

サラリーマン増税 提示

控除軒並み縮小・廃止
定率減税は来年度全廃

難しい事は判りません。
判らないので教えてください。

特定扶養控除廃止(16歳~22歳)
これって貧乏人は教育を受ける必要なしですか???
義務教育で十分って事ですか???

配偶者控除廃止
夫婦のあり方の変化を踏まえて廃止、との表現。
幼子を施設にあずけて、母親が働かなければならない現状・・・
そのような現状を無視するのですか!!!

思います。
何も言わない国民だから、
無口な国民だから、
怒らない国民だから・・・・・

政治に無関心の国民だから、
政治に希望を失せた国民だから、

鈍感になってしまったのです。
イジメル事に鈍感になってしまったのです。
イジメラレル事に鈍感になってしまったのです。


投票率50パーセント以下の国民だから、
仕方のない政治の成り行きなんですね。
 

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005/06/17

軟便でクサイ 臭い くさい

お風呂最近、軟便をする「ぽん太」。
トイレをキチンと
覚えているのに、
ヒョンなことで
出てしまうのか、
床のスノコが汚れ放題。
そして、ベジタリアンとは
思えないほどの、
臭さ。
どうしたのかな、「ぽん太」???
オシリの周りもウンチがこびりついて、
カピンッカピンッ。
もう少し、暖かくなったら毎日お風呂に入り、
汚れたオシリをキレイ キレイしてあげるからね(  ̄ー ̄)

風呂なんかに入れなくてもイイッ  ー c(`Д´c)
ボクの大切なオシリの穴をサワルナ~~
              ( `Д´)y-*)゜Д゜)y _~~~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/06/14

『アンネ・フランク』_アンネ日記の悲劇

ナチス・ ドイツのユダヤ人差別から逃れるために、
屋根裏部屋で隠れ住み書き続けた日記。
世界的に有名な
「アンネの日記」の真実を描いた感動ドラマ。

戦争に人種差別が加わった最悪の状況。
まさに地獄そのもののアウシュビュッツ収容所。
人間の愚かさを・残酷さ・無知さを
再認識するためにも、是非とも観るべき映画だと思います。

それでも、2度と観たくない映画でもあります。
あまりにも残酷すぎます。
戦争・人種差別には微塵の正当性もありません。

『アンネ・フランク』公式サイト

アウシュヴィッツ平和記念館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Ray」_レイ・チャールズの人生

視覚障害、人種差別、 薬物中毒、不倫。
波乱万丈の人生を送ったレイ・チャールズ。
だからこそ生まれた彼の音楽。
彼を知っている人は、
是非とも観るべき映画だと思います。
決して後悔しない作品です。
そして、ジェイミー・フォックスの演技も抜群でした。
レイ・チャールズの動きを、あれほどまで酷似できるなんて・・・・
本物のレイ・チャールズではと勘違いするほどでした。
もう一度・・・イヤッ!!!2回・3回観たくなる映画です。



「Ray」 公式サイト


| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005/06/11

「HOSTAGE」_正義は勝つ

HOSTAGE

さすがブルース・ウィリス。演技が大げさだね~~。
そして、いつもながら楽しませてくれました。
このように、単純に楽しめる映画も最高です。
思想なんて無くてもいいんです。
楽しければ良いのです。

HOSTAGE
日本語 公式サイト

「Million Dollar Baby」を観た後だったので、スッキリしました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

「MILLION DOLLAR BABY」に感動

MILLION DOLLAR BABY

何ともやりきれないラストであったが、
それ以上に感動も大きかった作品でした。

こだわりを持って、突き進んでいく人生。
しかし、どんなに頑張っても事は良い方向に進むわけではない。
それでも、どのような逆境であっても、
愛する者がそばにいたら、
信頼する者が、自分の人間としての尊厳を守ってくれたら、
決して不幸の中で亡くなる事は無いのだろう。

MILLION DOLLAR BABY
日本語 公式サイト

心にズッスリとくる作品です。
お勧めの映画です。


エンドロールになっても誰も席を立たない作品。
感想を安易に言葉に出せない作品。
「愛」とか「人生の尊厳」とかは判るのだが、
それに係わる「矛盾」を突きつけられた作品。

気持ちをスッキリするために、
昼食後、正義は必ず勝つの代名詞である
ブルース・ウィリスのホステージを観ました。

| | コメント (2) | トラックバック (6)

2005/06/10

「携快電話12」で解消

前回、購入した「携快電話11」。
「携快電話12への無料アップデート版」
であったので、
早々にバージョン・アップをして
試してみたところ、
これは、使える!!!

「携快電話11」では、誕生日を
無理やり入力しなければ保存出来なかったために、
全てに誕生日を設定して入力しました。
「病院」「学校」 「図書館」には1月1日、
「アイツ」「コイツ」「あの人」「この人」など
誕生日のわからない人には、1月2日。
これが、けっこう ウットシ~~~作業でしたが、
「携快電話12」では、誕生日を無表示に出来るようになったのです。
これで、正月のノンビリした時に、
誕生会を開かなくてよくなりました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/06/09

「日本 対 北朝鮮」を見て

やってくれましたね日本チーム。
これで、2006年への楽しみが出来て、感謝してますよ。
正直なところ、日本のサッカーの実力に関して、
未だ疑問に感じている自分ですが、
大黒が導いた、こぼれ球へ柳沢が飛び込み執念のシュート。
あの位置からボールの落下地点まで走りこんだ柳沢は、
やはり、「勝ちたい!!」「ドイツに行きたい!!」の
強い強い執念だったのでしょう。
最高でした!!!!!

2点目の大黒のシュートは、辛い評価として・・・・
1点目への絶妙なアシストへの御褒美ですね。
あのような最高の状況でシュートを成功できないようだったら、
サッカー選手をやめたほうが良いと思います。
おそらくプロのサッカー選手だったら、
100パーセント確実にシュートを決められるだろうの
状況だったと思います。
とにかく、良かった。
これで、2006年のワールド・カップも熱くなれる。


自分に怒るスポーツ選手を時々見ますが、
相手選手に怒りを示す選手はめったに見ないものです。
(プロ野球では相手の危険プレーに対して怒りますが)

どうして彼は、あれほど怒ったのだろう??
確かに日本選手の足が、彼の頭に当たったのだが・・・・・・
そこに『故意』を感じたから怒ったのだろうか・・・・
どうして、『故意』を感じたのか??
普段、自分が行っているから???

今回の試合を前半、後半を通して観て感じた事は、
北朝鮮選手のラフ・プレーの多さです。
明らかに後ろから押している。
明らかに足めがけてタックルしている。
明らかにユニフォームを引っ張っている。


スポーツは喧嘩ではないのです。
勿論、戦争でもありません。
そして、政治でもありません。

相手あってのスポーツです。
勝っても負けても相手に敬意を持つのがスポーツだと思います。
負けて悔しいと思っても、相手に怒りを思うの大きな間違いです。

そして、
サポーター(観客)も同じです。
対戦選手に敵意だけ向けるようでは・・・・・

だから思います。
どんなに肉体的に優れていても、
対戦相手に敬意を持たない選手も観客も、
スポーツ文化の遅れた国民だと・・・・


ロスタイムでの北朝鮮のラフ・プレーに寂しさを感じました。
この寂しさは、前回のアジアカップの中国の観客の行為の時と同じものです。

スポーツは喧嘩ではないのです。
スポーツは戦争ではないのです。
スポーツは政治ではないのです。
競い合う相手に敬意を持って欲しいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/06/03

Art Pepperを見たくて

喫茶店で珈琲を飲んでいたら、
聞き覚えのあるアルト・サックスの音色・・・・

「アート・ペッパーのサックスだ!!!」
と判ってしまうほどに聴いてきた彼のレコード。
しかし、プレーヤーが壊れたと同時に、
先輩に全て譲ってしまったのだが、
アート・ペッパーのレコードはおそらく25枚ほどだったと思う。
そして、今手元にあるアート・ペッパーのDVDは5枚。

彼が亡くなったのはいつだっただろう??
幾度となく日本に来て演奏していたのに、
彼の姿を見ることが無かったのが残念でならない。
本当に残念でならない。

Amazon.co.jp を覗いてみたら、彼のDVDがあった。
ヨシッ!!!   彼に会ってみよう!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »