« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005/10/31

NHK、中越地震被災者から徴収再開

NHK、中越地震被災者から徴収再開 (夕刊フジ) - goo ニュース

払うべき受信料なのかもしれません。
払うべき受信料だから払っています。
しかし、払いたくなくなりました。

『新撰組』を楽しく観させて頂きました。
『紅白歌合戦』も観ます。
しかし、払いたくなくなりました。

どうして、弱いところから・・・・・
不満を抱えても、声に出して言わないからですか。
受信料の支払い拒否・保留件数が、約130万件以上との事ですが、
もう1件増やしたくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/30

シューベルト/アルペジオーネ・ソナタ

Schubert・Sonata foe Arpeggione

 シューベルト
 アルペジオーネ・ソナタ
 シューマン
 幻想小曲集
 民謡風の 5つの小品

 演奏
 ミッシャ・マイスキー
 マルタ・アルゲリッチ

ジャズと同じようにクラッシック音楽も聴きます。
しかし、クラシック音楽の知識が無いので、
レコードやCDを買うときは、もっぱら「ジャケット買い」です。
そして、このCDは
マルタ・アルゲリッチを美しく撮ってくれていたので、迷わず購入。

出だしのミッシャ・マイスキーの伸びのあるチェロの音に
驚き惹かれました。
yuhotoさん
「分厚いカーテンの奥でチェロが演奏され、
カーテンの手前でピアノが鳴っているように聴こえます」
と的を得た表現をしていますが、
たしかにミッシャ・マイスキーの音色は、
他の演奏者とは大きく違うようですし、
物足りなさを感じる方もいるようですね。
そして私は、
「分厚いカーテンの奥でのチェロ演奏」に惹かれてしまいました。

当然ですが、
同じ演奏を聴いても好き嫌いが分かれますし、
同じ表現でも感じ方が違うものですね。

「厚いカーテンの向こうで奏でられるチェロの音色」

| | コメント (4) | トラックバック (5)

2005/10/28

取り敢えず言ってみた・・・・が

カミさんのコンピュータが壊れてしまった。
昨日までは正常だったのに・・・・・。
急いで保証書を捜し購入日を見たら、
2004年4月4日・・・・1年半か~~~~~。
Pentium 4の2.6GHzでメモリー512MBの高性能ノートパソコン。
店頭現品販売を10万円で購入・・・大変お得な買い物でした。

「おそらく7万円~8万円程の修理費が掛かるかもしれませんね」

(||゜Д゜)ヒィィィ!(゜Д゜||)  ・・・・・・
 ・・・・・・・・・・・あの~~~確かに購入してから一年半ですが、
・・・・・・・・確かに保証期間は過ぎていますが、
・・・・・・辛いですね。
・・・・・たった半年で、それだけの修理費が必要なんて」

「そうですよね。周辺機器でなくコンピューター本体ですからね。
     メーカーさんに無料修理を問い合わせてみますよ」

どのような結果が返ってくるかは判りませんが、
やはり、保証期間が過ぎて
すぐに壊れるなんて納得できませんでした。
だから取り合えず言ってみましたが、
店員さんが対応してくれたので嬉しく思います。

保証書 お預かり
2004年4月4日 ご購入
メーカー保証期間外ですが、
対応可能か調査します。
データ消去了承済み

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/10/26

絵画公売オークションで提訴
「画像は著作権侵害」

ブログやホーム・ページの製作で気になるのが著作権。
なんとなく感じる著作権侵害。

絵画公売オークションで提訴「画像は著作権侵害」 (読売新聞) - goo ニュース

そんなに、難しい事を言わないでくださいよ。
感動したから、多くの人にストレートに報告したいから、
少々気にしながらの画像使用なんです。

お気に召さないとしても、
いきなり慰謝料の請求なんてしないでくださいな。
拙い文章表現しかできない私は、
その時はシブシブにサイトの閉鎖をするかないのです。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005/10/22

場面(シーン)

遠い昔に触れた詩ですが、
どなたの詩なのかわかりません。
詩集名もわかりません。
御存知の方、教えてください。

ちょっと長い詩ですが、
あなたの心にも響くと良いのですが。

場面(シーン)


 この野郎! と叫んで見ても
誰も気が付くわけでなく
コンチキショー! と歯ぎしりしても
誰にも分かるはずもなく
それがもとより承知の上で
いや それだからこそ その日のぼくは
くやし涙のそのなかで
なおさら 口をとがらかせ
なおさら わめいておりました

ひとりで生きて行けると言ったのは
ぼくの強がり

君はもう帰ってこない
それが分かったのはぼくの勘
それは何より確かなもの
とくにこういう場面(シーン)では

その夜
ぼくには似合わない言葉の
けれど
胸のなかで 一杯になって
あふれてしまいそうな
その言葉の捨て場所を捜して
ぼくは一晩中 街の裏をさまよった

ぼくのなかには
天使と悪魔がいて
天使はいつも悪魔にかなわない
だから ぼくのなかの天使は仕方なく
悪魔の寝静まった時にだけ
コソコソ動き出すのです

ぼくのやさしさなんて
そんなものです

見えないから 不安だと言うのか
見えてしまえば 不満と言うくせに

プツンとわたしのなかで
何かが切れた

貧しさが辛い訳ではなかった
世の中の不公平や理不尽に
憤るほどに若くもない
あんな ささいな出来事で
けれど くじけるほどに
わたしは もろかったのか

プツンとわたしのなかで
何かが切れだ

何も見えない わたしたち
何も知らない わたしたち
何も持たない わたしたち
何も出来ない わたしたち

年齢(とし)なんて取るんじゃなかった
大きくなんてなるんじゃなかった

やっぱり 哀しんだ人間は
やっぱり 辛いんだ人生は
おんなじところで哀しんだ
どうすりゃいいか 分かっていても
どうすりゃいいか 知ってはいても
そうは出来ない そのことが
見えているから なお辛いんだ

足は怠るく
心は重い
・・・・・・・・・

こんなふうにして ぼくたちは
あと どれだけ歩けばいいんだろう

ああ 涙があんなにも
素直に流れた日々よ
大きなことも ささいなことも
良いことも 悪いことも
わたしのまわりで光った日々よ

思い出をたどるには早すぎる
明日を夢見るには遅すぎる
中途半端な現在(いま)のわたし
肩には見えない重さを載せて
足には見えない鎖を引いて
歩いているのは 違う道
望みもしない 道の上
教えて下さい 誰でもが
そんな思いでいるのでしょうか
聞かせてください 人生は
誰もが迷う道なのですか

・・・遠い空には
流れる雲と
ぼくには まぶしい光りの束と

花びらのもろさを言葉にするのは
やさしさだろうか
その場限りに手を差しのべて
癒せる傷があるのだろうか

かなしいことです
造り笑いの青春なんて
むなしいことです
その場限りのやさしさなんて
けれど そうだと分っていても
すがりつきたい日もあるさ
そんな日だってあるじゃないか

空回りする プレーヤー
空回りする プレーヤー

インスタント・コーヒーでも
うまいと思う時があるよね

たとえば最後にもうひとつ
他人の好みや 生き方に
関係も無く腹を立て
イライラするのは利口だろうか

何かを忘れてしまった気がする
何かを忘れてしまった気がする

得体の知れない風が吹く
得体の知れない風が吹く
わたしの今の そのなかを
見知らぬ風が吹き過ぎる

やさしさは
時に一粒の雨の姿で
わたしを過ぎる

ああ木犀(もくれん)の薫る日に
わたしは はたと立ち止まり

風の流れる音を聞け
雲の流れるさまを見ろ
字宙の距離(ながさ)を語るのは
星の光りの その細さ

わたしがここに こうして在って
あなたがそこに そうして在って
出逢いの時は忘れたが
別れたその日は知らないが
飲み干す水のそのうまさ
飲み干す水のそのうまさ

それは見慣れた風景のなかで
初めて触れた風のなか
ああ 木犀の薫る日に
わたしは はたと立ち止まり

ぼくが旅に出る日には
やっぱり君に告げていこうか

気が付けば
あなたはいつも横にいてくれた
明日からは ひとりで歩くわたしに
風は冷たいのでしょうか
風はやさしいのでしょうか

わたしが旅に出る日には
こうして あなたに手を振る日には
わたしが見えてくるような
わたしの歩いたその道の
距離が見えてくるような

素直に“ありがとう”と言えたら
あなたの笑顔を見れたかもしれない

素直に“こんにちは”と言えたら
あなたと友達になれたかもしれない

素直に“また会おう”と言えたら
今あなたと ここにいれたかもしれない

まわりが変ったのか
自分が変ったのか
とにかく もう戻れない日々がある
“思い出”というかたちになって
もう触れられぬ日々がある

誰にでもある その時の
ひとつひとつの その場面
できれば 楽しく残したい
できれば 明るく残したい
汗を流して
始めて分かる 水のうまさ

声かけて
始めて触れる 人の心

今日の日も
力いっぱい生きたと言える
一日でありたい

あなたと生きたことを
ほこりに出来る
一日でありたい

また会いましょう
きっと
いつか きっと

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/10/21

KEITH JARRETT & MICHALA PETRI / BACH SONATAS

KEITH JARRETT & MICHALA PETRI / BACH SONATAS  キース・ジャレットの
  チェンバロの音。
  ミカラ・ペトリの
  リコーダーの音。
  2人が奏でる音は
  ピッタリと合い、
  たおやかな世界へと
  導いてくれる。

  あまりに騒々しい世の中。
  目まぐるしく変化する世の中。
  季節の風に吹かれながら聴きたい音楽です。
  たとえその季節が、冬の吹雪でも良いような気がします。

または、幼い日の記憶を甦らせてくれる故郷の・・・
海辺で佇みながら聴くのも良いですね。
町並みを見おろせる丘に建つ小さな美術館で、
この音楽が流れていたら、
きっと、そこに展示されている絵画は、
人の心に深く刻み込まれるでしょう。

ジャズ・ピアノで有名なキース・ジャレットが、
ミカラ・ペトリのリコーダー共に録音したバロック音楽です。
キース・ジャレットを目的に購入したCDでしたが、
ミカラ・ペトリの澄んだリコーダーの音に感激!!!

Bach: Six Sonatas
Johann Sebastian Bach
Keith Jarrett, Michala Petri/amazon.co.jp

      

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/10/17

受信料の個人契約

NHK受信料個人契約に変更検討も
         スポーツニッポン - 2005年10月14日

NHK受信料契約、 将来は個人単位も ...
         日本経済新聞 - 2005年10月14日

「NHKの受信料を世帯契約から個人契約へ変更」
この時期、何故にそのような意見が出るのだろう???
契約していない者が多いから、
不祥事に怒って受信料の支払い拒否をする者が多いから、
だから・・・だから、
物言わぬ契約者から徴収しよう・・・ですか???

私の家にはテレビが2台ありますが、
支払い金額が2倍になるのですか。
新機種のテレビ放送を受信できるコンピューターに変えたら、
支払い金額が3倍になるのですか。

それとも受信機の台数ではなく、所有する個人単位・・・???
と言う事は、お隣さんのテレビも私の所有物にして・・・・
・・・・・そうなれば受信料を半分に出来ますね~~~O(≧▽≦)O

天下のNHKが不祥事を起こしたのにもかかわらず、
それに不満を持っても行動に起こさず、
受信料を支払っているのに・・・・・・・・・

契約の解約をしようかな。
どなたか解約の仕方教えてください。
NHKのホーム・ページを覗いても、判りづらいのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/12

民主主義政治の中の少数意見

郵政法案に賛成、 野田聖子議員が会見で表明 (10月9日20:55)

確かに3分の2は賛成なのかもしれません。
だから3分の1は考え方・主張を変えなければならないのでしょうか。
「反対のうえで決定には従う」ではいけないのでしょうか。

『民主主義とは少数意見の尊重』
「選挙に負けた」が主張を変える理由であるならば、
貴重な1票を入れた有権者への裏切りではないだろうか。
「変える」理由を有権者に説明しないと、
あなたは支持する人に対しても、支持しない人に対しても、
強いものに媚を売るコウモリのようで、
みっともないですね・・・・・情けないですね。
恥ずかしい事は止めましょうよ。

郵政法案が衆院通過、 賛成3分の2超え再議決で成立も
(10月11日21:57)

田舎で暮らすお袋への年賀状。
後、何年届けてくれるのだろう???
「局止め」にされても取りに行けず、
差出人に戻されるのかな・・・・・・・・

野田聖子ホームページ

野田聖子さん
選挙区は違うのですが、
あなたが当選した事に、素直に喜んだ自分です。

あなたの真意が解らず
あなたの真意が伝わらず、
・・・・・・・・・・・・・・・そして、失望してしまいました。

| | コメント (6) | トラックバック (8)

2005/10/09

シンデレラマン_ CINDERELLA MAN

シンデレラマン 「ミリオン・ダラー・ベービー」
 アカデミー賞をさらった後で、
 またもやのボクシング映画。
 正直なところ
 期待はしていなかったのですが・・・。
 ラッセル・クローと
 レニー・ゼルウィガーの演技が最高。
 見ごたえ十分の傑作の作品でした。

■□家族の幸せだけを願っていたら、

□■いつの間にか”アメリカの希望”になっていた…

シンデレラマン

アメリカが希望を失っていた大恐慌時代――
元ボクサーのジム・ブラドックも、
家族を守るために日々の生活と戦っていた。
そんな彼のもとに、かつてのマネージャーが持ち込んだ
“一回だけの試合”。
誰もが彼の負けを信じたその試合に挑んだジムは、
予想に反して若い対戦相手をノックアウトしてしまう。
それが、全米を熱狂させることになる《伝説》の幕開けとなった。
■監 督 ロン・ハワード
■出 演 ラッセル・クロウ、レネー・ゼルウィガー、
   ポール・ジアマッティ、クレイグ・ビアーコ、ブルース・マッギル
■データ 2005年/アメリカ映画/ 144分

CINDERELLA MAN 公式サイト
シンデレラマン 公式サイト(日本)
シンデレラマン/amazon.co.jp



今まで、どれほどの映画を観てきただろう・・・・・
これから、どれほどの映画を観るのだろう・・・・・
『シンデレラマン』を超える傑作は、あっただろうか・・・・・
              これから、現れるのだろうか・・・・・
「感動をありがとう」と言えるほどの作品でした。
                         泣けますよ。

| | コメント (6) | トラックバック (3)

2005/10/06

イ・ムジチの『四季』を聴きたい!!!

イ・ムジチ合奏団が千葉県佐倉市にやって来る。
11月13日の日曜日に、
佐倉市民音楽ホールでヴィヴァルディの『四季』を演奏する。
それもチケットは5000円と安い!!!
早速に休暇を取り、
予約の電話をしたが、
「誠に申し訳ありません。全席売れきれました」

ふ~~~~~ガッカリ

I MUSICI

ヴィヴァルディの『四季』を知らない人はいないでしょう。
当然のように多くの人が演奏していますが、
やはりイ・ムジチが最高ですね。

mutter1984  そして、1984年録音
 カラヤン指揮、
 ヴァイオリン/アンネ・ゾフィー・ムター
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 『四季』も最高で すよ。
 お勧めの1枚です。

mutter1999  15年後の1999年録音の『四季』は、
 彼女が演奏・指揮する作品。
 ノルウェイの17人のソリストを、
 ムターが独自に編成したらしいが、
 大変気になる『四季』です。

アンネ・ゾフィー・ムター/amazon.co.jp

『調和の幻想』そして、ヴィヴァルディのもう一つの傑作。
『調和の幻想』も聴いてほしい作品です。

いずれにしても、イ・ムジチの『四季』を
生で聴けるチャンスを逸してしまった
・・・・・残念です。

| | コメント (9) | トラックバック (13)

2005/10/03

南の珊瑚島『ツバル』

10年以上も前から、
千葉の海岸でサーフィンを楽しんでいる知人が言いました。
俺達にはわかるんだ。
地球温暖化が見えるんだ。
ビーチ(砂浜)がどんどん無くなっていっているんだ。
難しい事は知らないが、
これって海水が増えて砂を沖に運んでいるからなんだろ??
本当なんだ!!! 本当にビーチが狭くなっているんだ。

ポロシャツ愛好家の友人が嘆いていました。
大切なシャツは自分で洗って、
御日様の下で乾かすのが好きなんだけど・・・・
最近、色褪せが激しいから部屋干しなんだ。

私の勤める会社には、
屋根無しの車を運転して荷物を運搬する部署があります。
そんな彼らがサングラスを常時使用するようになったのは、
3・4年前からです。

ツバルの位置
ツバルTUVALU OVERVIEW

遠い南の珊瑚島・ツバル(Tuvalu)が沈んでしまいそうです。
地球温暖化による海面上昇で島がなくなってしまいそうです。
その原因がツバルの人達にあるわけでないは確かなのに、
原因を生み出している国のお偉いさんは、
ツバルの国土を守ろうとせず、
ツバルの人達を守ろうとせず・・・

ビデオニュース・ドットコム/INTERNET-TV

地球温暖化に沈む国 南の島ツバルの決断
地球温暖化に沈む国 南の島ツバルの決断


    

今、確かに地球温暖化・オゾン層の破壊、
異常気象を感じているはずなのに、
いかなる国も経済発展を目指し続けているのは、
何故なんだろう???
遠い南の島のツバルを守るために、
文明生活を捨てて縄文時代に戻ろうなんて、
そんな事はナンセンスのようにも感じますが、
せめて「もったいない」の精神で、
無駄を省く生活をしませんか。
ツバルが沈むまでの時間を延ばしましょうよ!!!
地球が壊れるまでの時間を延ばしましょう!!!
きっと利口な人間はツバルを、
地球を救う術を見つけ出すはずです。
いつまでも地球を壊し続けるはずがありません。

   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »