« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006/01/31

『戦場の犬たち』_母さん、ボクも帰りたかった

『ロンッ』遠い昔、愛犬『ロンッ』は友人であり、
弟であり、子分であり、
ライバルであり・・・・・
毎日の楽しい遊び相手だった。

しかし、『ロンッ』は女の子。
それも、トビッキリの美人だった。
雪がたっぷり残っている春先の事。
どこの馬の骨だか分からないオス犬どもが、
『ロンッ』をめぐって10匹以上で決闘を始めたのだった。

連日のオス犬どうしのケンカのため、
我が家の周りの雪は赤く染まり、
オス犬達が集まっているときは家から出れない状態。

そして、お酒の大好きが近所の小父さんが、
一升瓶2本で『ロンッ』の命を奪ったのだ。
少年はその一部始終を恐ろしさに震えながら、
ただ見ているしかなかった。「弱虫」の自分を責めながら・・・・・・。

犬は人間のために生まれてきたわけじゃないけれど、
しかし、人間を慕って哀しそうな目をするのは何故だろう・・・・。
そんなに人間を愛しても、
人間は時には簡単に犬たちを裏切り、
その命さえも奪うような事をするのに・・・・・・・・・。


『戦場の犬たち―母さん、ボクも帰りたかった』この本に載っている犬たちは
確かに全てが可愛くて、
愛すべき存在でしょう。
でも、それ以上に、
若い兵士の眼差しが優しいのです。
兵器ではあるが、
犬達が愛おしいのでしょう。
だから、狂犬病の予防注射の時も、
犬たち以上に兵士の方が怖がってしまうのです。


戦場の犬たち―母さん、ボクも帰りたかった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/27

『シンデレラマン』をDVDで再度・・・・

シンデレラマン

去年の10月に映画館で観た『シンデレラマン』
その感動を忘れられず、
心待ちにしていたDVDの発売とレンタル開始。
1月25日・・・・その日がやって来た。
「レンタルできた!!!」のメールがカミさんからあり。
帰宅後、早々に夕食・風呂を済ませ映画鑑賞。

やっぱり、良いですね~~~~~
筋書きは分かっているのに、目頭が熱くなります。
特に、ボクサーの資格を剥奪した協会に出向いて、
お金の無心をする場面・・・・・・

この映画の魅力はハッピー・エンドで終わるところでしょう。
そして、絶対的な悪人がいないことですね。
だから、観終わったときに気持ちが良いのです。
絶対のお勧め映画です。
こんな時代だから、観て欲しい映画です。
そして、間もなく始まるトリノ・オリンピックで、
頑張る日本選手を応援しよう!!!!!



DVD



| | コメント (0) | トラックバック (5)

2006/01/24

大雪でしたね!!!

記録的大雪

北国・北海道から移り住んで4半世紀以上過ぎ、
内地の人間が騒ぐ大雪など信用していなかったの、
今回の雪はすごかったです!!!!
昼間中降り続いた雪。

降雪の影響は各交通機関に及ぼし、
特に空港は顕著に現れます。
単純に雪に備えた機材が少ないだけです。
日に1機のみ運行の航空会社は
年に1度か2度の降雪のために、
高価な除雪機材を確保し保管するような事はしないのです。
当然、そのような航空会社、
JALやANAに除雪を依頼するのですが、
その作業は後回しなるので、
早々に遅延・欠航を決定するのです。
しかし、
成田への乗り入れ本数が多い航空会社は、
定時運行に多大なる努力をします。
その日に処理出来なかった御客様は、
一日遅れで処理しなければならないわけで、
一日遅れのその日にも、その日のお客様いるので・・・・・
要するに不都合をこうむる御客様が後々まで続くのです。
乗り入れ本数が多いという事は、
処理しなければならない御客様が多いという事なのです。

A航空会社は、
除雪作業終了後、随時出発を試みましたが・・・・・
結果は事が上手くいかなく、ほとんどのフライトが欠航。

B航空会社は、
あらかじめ全ての出発時間を
フライト数の少ない21時以降に設定し・・・・・
多くの便は遅れながらも当日に出発。

結果的にはB航空会社の選択が功を奏した事になりますが、
難しいところですね。

この冬は確かに雪が降り、とても寒いのですが、
この寒さも地球温暖化の結果らしいです。
寒いので暖房するのは当然ですが、
暖房すると地球温暖化が進む・・・・・
人間が生きてゆくことって、
地球にダメージを与える事なんですね。
悲しいですね。

リンク: 記録的大雪.



地球温暖化/amazon.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/20

初めての献血

献血手帳 図書館に本を返却しに・・・・
 すると、青いジャンパーを着た
 オジサン達が
 駐車場の整理をしていた。
 図書館利用と
 献血しに来た人たちの
為なのだが・・・

そのまま図書館に入ろうとしたが、
「血液が足りない」のテレビのニュースが
頭の中を過ぎった。

注射針を2回刺されましたが、
決して痛くありませんでした。
時間は手続き等を加えて40分くらい。

良いじゃないですか。
本当に小さな小さなボランティアです。
ほんの小さな自分が行う善意に喜んで、
良いじゃないですか。

時間は正午過ぎ、
オレンジ色のツナギを来た5人が献血の手続きを・・・、
背中に『MITSUBISHI』の文字があった。
決めた!!!!
次回の車の買い替えは『MITSUBISHI』にしよう!!!

会社が・・・企業が献血の意識を持ち、
社員に1時間を与えれば、
「血液が足りない」の深刻な問題は解決されるように思うのだが・・・。

リンク: asahi.com:献血ピンチ寒波も影響 - マイタウン山形.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/01/15

ニコン、フィルムカメラから撤退へ デジカメに押され!!!

昔から、カメラや写真に興味を持ち続けてきた者には、
なんとも寂しい思いをさせられますが、仕方のないことですね。
その寂しい思いをしている当人が、
フィルムを使わなくなってしまったのだから・・・・・。
コストや利便性を考えたら、やはりデジタルになってしまいますが、
しかし、知っているのです!!!!!
デジタルよりアナログの方が画質が優れていることを・・・・・・
音楽にしてもデジタルよりアナログの方が優れていることを・・・・・
そして、
その差は限りなく狭まってしまい、
限りなく少ない画質の劣化は当然無視され、
便利なデジタル写真を選択するのは自然の成り行きですね。

ニコンがそのような決断をしたのだから、
おそらくキャノンペンタックスも追従するのでしょう。
しかし、カメラにしてもフィルムにしても所詮は道具。
道具は便利で使いやすく変化するのが好ましいことですね。

リンク: ニコン、 フィルムカメラから撤退へ デジカメに押され?.


ニコン・デジタルカメラ/amazon.co.jp

キャノン・デジタルカメラ/amazon.co.jp

ペンタックス・ デジタルカメラ/amazon.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/10

『彼女だけの音楽』 黒田恭一

『彼女だけの音楽』黒田恭一  以前に読んだ本を、
 再度、読み直しています。
 裏表紙に
 25 December 1988 と
 記されているので、
 17年前の本だが・・・・・。

 『彼女だけの音楽』
 著者 黒田恭一

音楽を基にして、物語を綴っているのだが、
ジャズ・ファンもクラシック・ファンも、なかなか楽しめるできばえです。
特にアート・ペッパーの大ファンである私は、
レイン コートの背の語ること/Art Peper-ラヴァー・マンが気に入ってます。

死ぬまでに沢山の物語がありますが、
その時、その時に音楽を当てるのって楽しくありませんか。
記念写真のように・・・・・・・・

結婚式のときの音楽、子供が生まれたときの音楽、
友との別れときの音楽、
再会の音楽、愛する人との別れの音楽・・・・・・・・

すんなり読める、優しい本です。

疑似紅花  
 バッハ/ アダージョ
風船が消えた  
 ラヴェル/ 序奏とアレグロ
ミルクティーのレクイエム  
 フォーレ/ レクイエム
マッセラッティが待つ駅  
 シベリウス/ トゥオネラの白鳥
ぼくたちの夏  
 ドビュッシー/ レントより遅く
幻の呟き  
 フランク/ ヴァイオリン・ソナタイ長調
わたしはあなたを探していたのに  
 シェーンベルク/ 期待
ヴィオラのように  
 オスカー・ピーターソン/ サムワン・トゥー・ウオッチ・オーヴァー・ミー
チェックのシャツの呼ぶ声  
 ラフマニノフ/ ヴォカリーズ
電話の声  
 プーランク/ 声
太陽を愛した女  
 リー・モーガン/ ザ・サイドワインダー
その、ほんの少し先の朝が  
 J・マリガン/ イン・ザ・ウィー・スモール・アワーズ・オブ・ザ・モーニング
アダージェット  
 マーラー/ 交響曲第5番嬰ハ短調
影がみえたとき  
 トニー・ベネット/ マイ・フーリッシュ・ハート
レオとチック  
 チック・コリア/ リターン・トゥー・フォーエヴァー
湖畔の隠れ家にて  
 ワーグナー/ ヴェーゼンドンク歌曲集
雪の日に  
 フィービ・スノウ/ ハーポのブルース
もうひとりのエヴァ  
 ビリー・ホリディ/ ウィロー・ウィープ・フォー・ミー
真紅の花を摘みとるために  
 ファリャ/ スペインの庭の夜
夏を弔う  
 ジョアン・ジルベルト/ エスターテ・夏
彼は走れない  
 アストル・ピアソラ/ リベルタンゴ
置手紙  
 アルビノーニ/ アダージョ
ふりむくな!  
 ロジャー・ウォーターズ/ ストレンジャーの瞳
朝顔  
 シューベルト/ ピアノ三重奏曲第二番変ホ長調
迷い鳩  
 カザルス/ 鳥の歌
レインコートの背の語ること  
 アート・ペッパー/ ラヴァー・マン
コール・サインはバイレロ  
 カントルーブ/ オーヴェルニュの歌


『彼女だけの音楽』/amazon.co.jp

黒田恭一/amazon.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟・長野の193世帯が孤立

今年の冬は寒いのです。
とても寒いので、
去年までの部屋の温度設定18℃を20℃しました。
新しく電気カーペットを購入し、
石油ストーブと併用して部屋を暖めています。
とても暖かい冬を過ごしています。

異常気象といわれている寒気団の停滞は、
地球温暖化の顕著な現われであって・・・・・、
寒いからといって怠惰な冬を過ごしたら、
来年はもっと寒い冬かもしれないし、
もしかしたら半袖で過ごせるような暖かさかもしれないけれども、
それでも、やっぱり地球温暖化による異常気象。

なんとなく感じることは、確かすぎるほどに確かなこと。
おそらく、この流れは止められないのだろうし、
誰も止めようしないのだろう。
今、国を動かしている人は、
今、地球を動かしている人は、
40歳、50歳、60歳。
地球が・・・・・・
この地球が生物が生活できない惑星になる頃には、
彼らは存在しないのです。
彼らは生きていないのです。
それでも、彼らの子供は・・・・・
彼らの孫は、曾孫は・・・・・
彼らは彼らの未来を、自ら滅ぼそうとしているのです。
自分自身の未来に、責任持てない現在を送っているのです。

asahi.com: 新潟・長野の193世帯が孤立

京都議定書/amazon.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/07

1本 6円38銭

バナナ先日スーパーに
買い物に行ったら、
驚き!!!!
バナナが1房115円で!!!
数えてみたら18本。
なんと、1本6円38銭。
我が家のウサギ
『Peru』の好物なので、
迷わず購入したが・・・・・・
115年結局、
Peruが3分の1、
飼い主が3分2食し、
完食。
数日間、
好物にありつけたPeru。
今もバナナを要求しています。


『吉本ばなな』の本/amazon.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/02

2006年 戌年 正月

仕事の関係で
2006年を5分過ぎて帰宅。
一応、
「年越しちまったソバ」を食べ、
何気なく『朝まで生テレビ』。
このような番組は、
見ていると
怒りがわいてくるし、
しかし、見なければならない番組だと思う・・・・

初詣

午後から初詣に出かけた。
近くのお寺さんは、あまりに有名なので、
たくさんの人たちがやって来ます。
たくさんの願いが集まり、たくさんの祈りが集まり・・・
成就しますように。

ワンッ!!! 去年は内外共に
悲惨な事件・事故が
数多く起き、
悲しいことに
後半になったら
驚きも、悲しみも、怒りも・・・
なんの感情も起きなくなった。
これでは駄目なんです。
これでは駄目なんです。


とりあえず2月にはトリノ・オリンピック
楽しもう!!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »