« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006/07/27

『CRASH』に感動!!

CRASH 『ナルニア物語』
レンタルが開始され、
カミさんのお使いに
行きました。
しかし『ナルニア物語』は、
TV ドラマ版を、
すでに観ていたために、
自分としては興味半減。
それでも、カミさんに付き合って、
観ているうちに、
撮影技術の進歩のためでしょう、
けっこう楽しむ事が出来ました。
第2話、第3話も楽しみに思います。

その『ナルニア物語』よりも
2006年のアカデミー賞・最優秀作品賞の
『crash(クラッシュ)』に興味津々。
『ナルニア物語』 を返しに行ったら、
ラッキーな事に『crash(クラッシュ)』
1枚返却されており早々レンタル。

さまざまな人種が毎日を送っているアメリカ。
そして、どんなにキレイ事を言ったところで、
人種差別が根強く存在するアメリカ。
差別をする方も、
差別をされるほうもコンプレックスを抱き、
その中で苦しんでいるアメリカ。

何かの理由で間違い(罪)に突き進むのが人間。
それを止めてくれる人間が存在したら幸運です。
それを遮ってくれる偶然があったら幸運です。

お勧めの映画です。

『crash (クラッシュ)』 /公式サイト・ 日本

『crash』 /公式サイト・ アメリカ

『ナルニア物語』/amazon.co.jp


| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006/07/22

N.S.P 『Radio days』

2005年7月1日に
『NSP』のリーダー
天野滋さんが亡くなりました。
この 『Radio days』
亡くなる前に録音されたCDですが、
やはり『N.S.P』のメロディーです。

もう、一年が過ぎたのですね。
他のメンバーの中村貴之さん、平賀和人さんの
その後の活動は分かりませんが、
私の中では、どうしても3人を分けて考える事が出来ず、
『NSP』は終わってしまっています。
『NSP』は私の青春の一頁に、美しく綴られています。
しかし、切ないですね。

『NSP』の公式サイトが終了せずに続いています。
天野滋さんの若かりし頃の笑顔に会えますよ。

NSPギター弾き語り全曲集
NSPが好きで、
ギターが好きな人には、
最高の楽譜集です。
なんと222もの曲が収められてるのです。

1973年のデビューから19年ぶりのオリジナル・アルバム『Radio days』まで全ナンバーを収載した完全保存版です。   




   

N.S.Pの作品/amazon.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/21

PENCKからW44Tへ

ほぼ1年前に購入した携帯電話のPENCK
それもメタル塗装の最高にカッコいい奴でしたが・・・

カタログの説明でははがれ難いとの事でしたが、
はがれ難いは、決してはがれないではないのですね。
先日ポケットから取り出したら、
メタル塗装がポロポロ剥がれ落ち、
見るも無残な姿になってしまいました。
もともと、機能などそっちのけで、
そのカッコよさだけで購入したPENCK
最高のお気に入りであった、
メタル塗装が剥がれ落ちたら愛着がなくなり、
早々買い換えてしまいました。
今度はテレビでCM中のW44T
しかし、4色ある中で一番地味なシルバー。
そして、私自身が使わない機能が満載。
「羊の皮を被った狼」って感じで、大変気に入ってます。

しかし、どうなんだろう~~~~~
地球温暖化の影響での異常気象なんでしょう、
今年の豪雨は日本各地に多大な被害をもたらしています。
私の今回の使える携帯電話の買い替えも、
その一因である事は確かなんです。


地球温暖化/amazon.co.jp

    

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/07/20

インターネットでショッピング(DVD-R・CD-R)

記録メディアのCD-RとDVD-Rの在庫が少なくなったので、
利用しているパソコン・ショップへ行ったところ、
久しぶりでしたので店内の様相の変化に驚き・・・・

携帯電話のコーナーが広くなり、
大型液晶テレビのコーナーが出来・・・
iPod等のデジタル・ オーディのコーナーも大変賑やか。

とうとう売り出されましたブルーレイの録再機器とメディア。
と同時にDVD-RやCD-Rの販売スペースが小さくなり、
種類も少なくなったような~~~~~~
当然の成り行きなんですね。
iPodの20GだったらCD50枚程度の音楽を保存できるので、
小さな部屋のスペース確保にもなるし、
いつも持ち歩ける事が楽しいですね。
DVDにしても次世代DVD(ブルーレイ HD DVD) への移行に伴ない、
近い将来には消滅してしまうのでしょう。

それでも、今必要なDVD- RCD- R
お店屋さんの表品は種類も少なく、値段も納得できず、
帰宅してamazon.co.jpで検索し、 購入を決定しました。
買い物の楽しみが半減しますが、
amazon.co.jpでの購入は確かな表品を安く購入できるの安心です。


今回 購入したDVD-RとCD-R。
安価で生産国が台湾であっても、
日本の有名メーカーの製品なので失敗はないと思います

        



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/07

『ロト6』  当選!!!

『ロト6』当選!!! 5等やっと当選しました!!!
『ロト6』5等。
12・25・40
三つの数字が一致し1000円。


昨夜、中途半端な気持ちで、
中途半端に数字を照らし合わせ、
「今回も駄目だった」と放置したのに・・・。
今日、次回分を購入し、
昨夜、ハズレ券としたくじ
再度インターネットで確認したら、
なんと当選しているではないか!!!
当たり数字の照らし合わせは慎重に!!!
よし!!!  次回は1等の2億円だ!!!!
頑張ってくれ幸福の黄色のお地蔵さん3人!!!

幸福のお地蔵さん
『ロト6』/amazon.co.jp

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/04

中田が引退!!!!!

ドイツ・ワールドカップで4強が出揃って、
これから楽しみが増すと思っていたのに・・・・・

“人生とは旅であり、旅とは人生である”

今回のワールドカップの日本の3試合を観ました。
そして、試合後の中田選手のインタビューを聴きました。

そして、思います。
プロのスポーツ・プレーヤーはファンを楽しませるのが仕事。
ファンに夢を与え、希望を与えるのが仕事。
ファンに感動を与えるのが仕事。
中田はその仕事を、
世界の大舞台のオリンピックや
ワールドカップで果たそうと努力したけれども・・・・・

所詮、中田は11人の中の1人。
他の10人の存在あっての1人。
中田1人が90分走り回っても、ゲームに勝てない。
勝たなければファンに喜びを与えられない。
世界に勝てなければ、
選手としての自分の存在意味がないと感じたのだろーーー・・・。

それでも、

中田英寿!!!
サッカー界から去るのは早すぎる。
ほんの少しの休暇を与えるが、
またピッチに戻って来い!!!!!
選手として戻って来い!!!!!




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/01

ハマってしまった『るびあ』のコーヒー

いつも愛飲しているコーヒーは、
北の都・北海道の札幌で焙煎された『るびあ』
マイルドブレンドフレンチロースト
毎日その味と香りを堪能しているのだが、
不幸な事に切らしてしまった。

その後の成り行きは、以前にもエントリーしたのと同じ。
他のメーカーのコーヒーを口にして、
その不誠実な味と香りに悪態をついてしまうのです。
「なんだ!!!このコーヒーは!!!
ブラックではとてもじゃない飲めない!!!
ミルクをたっぷり入れてくれ!!!」

不誠実な味と香り・・・・
他のメーカーのコーヒーが、
不誠実と言い切るのはやめておきますが、
    (充分すぎるほど言っている!?!?!?)
それでは、誠実なコーヒーってなんだろうか・・・・????

遠い昔から、コーヒーは体に悪い。コーヒーは胃に悪い。
といわれてきましたが、
最近の調査では『珈琲に抗癌作用』が言われています。
欠点豆(カビた豆、虫食いの豆、発育不良の豆)を
取り除く作業である、
ハンドピックを丁寧になされたコーヒー豆から
淹れられたコーヒーに、抗癌作用があるのです。
ハンドピックが充分・丁寧になされていない
コーヒー豆のコーヒーを飲むと、
当然美味しさを感じないし、
『おかわり自由』で5杯も6杯も飲んでしまったら、
後で胸焼けと下痢に襲われます。

全てのコーヒーに抗癌作用があるわけではありません。
人間の体に優しい珈琲は、
新鮮な豆を丁寧にハンドピックして生まれるのです。

北海道の珈琲屋『るびあ』は、
新鮮な珈琲豆を丁寧にハンドピックして・・・・
芸術的な味の
マイルドブレンドフレンチローストを提供してくれています。

なぜに『るびあ』の珈琲をこれほどまでに褒めちぎるのか・・・・・
まず第1に
確かにマイルドブレンドとフレンチロースとは美味しいです。
第2に
『るびあ』のマスターとは四半世紀以上前の高校時代の同級生で、
誠実な彼だから、
当然誠実な珈琲(体に優しい珈琲)だと確信しているからです。

幸運な事にフレンチローストとマイルドブレンドの
ワンコインお試しセットを実施しています。
是非とも誠実なコーヒーをお試しください。

ワンコインお試しセット実施中
るびあ「ワンコインお試しセット」


 

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »