« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006/08/28

チューリップの再活動

チューリップが再活動しているらしいです。
「らしいです」の気の無い表現は、彼らが活躍していた頃、
主に吉田拓郎ばかりを聴いていた自分でしたからです。

しかし、何故なんでしょう??
2枚組の「シングルス」 を聴いていると、
どの曲も聴き覚えがあり、どの曲も懐かしさを感じるのです。
チューリップのホーム・ページを覗いてみると、
コンサート活動も行っていて、団塊の世代が楽しんでいるようです。

そう言えば、私も『心の旅』 『サボテンの花』を
カラオケで今でも歌っています。

チューリップオフィシャル・サイト

チューリップ/amazon.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

番号持ち運び制度・・・・10月24日より

携帯電話の番号持ち運び制度が、
10月24日より開始されるが、
どうしたものか・・・・・・・・

現在、利用している携帯会社の電波受信状態
私が暮らしている地域では、
どうも他の会社より劣っているようなのです。
それだけで乗り換えの理由になるのですが、
悩んでしまうのは・・・・・・・・・
メール・アドレスの変更
変更そのものには抵抗ないのですが、
友人等へのメール・アドレス変更通知
面倒なようで・・・・

また、著作権のかかわるダウンロードした
「着うた」や「ゲーム」は移行できない。
これに関しては、必要ならば再度ダウンロードすれば良いのですね。

変更の手数料は解約料で2000円程、
新規加入料で3000円程必要らしいですが、
妥当な金額に思われます。

人間歳を取ると、
変化に追いつけなくなり、
変化が億劫になるものです。
私が今利用している携帯電話会社が、
今回の「番号持ち運び制度」を期に、
より一層の技術とサービスの向上を目指し、
番号変更の必要性を感じさせないように
してくれればと、
 願っているのですが・・・・          
  

8月28日付・ 読売社説(1) : 社説・コラム : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/27

子猫殺しー坂東眞砂子

直木賞作家の坂東眞砂子のエッセイが
話題になっています。

プロムナード(日経新聞8月18日夕刊) 
子猫殺し―――坂東眞砂子

こんなことを書いたら、どんなに糾弾されるかわかっている。
世の動物愛護家には、鬼畜のように罵倒されるだろう。
動物愛護管理法に反するといわれるかもしれない。
そんなこと承知で打ち明けるが、私は子猫を殺している。
家の隣の崖の下がちょうど空地になっているので、生れ落ちるや、そこに放り投げるのである。
タヒチ島の私の住んでいるあたりは、人家はまばらだ。
草ぼうぼうの空地や山林が広がり、そこでは野良猫、野良犬、野鼠などの死骸がころころしている。
子猫の死骸が増えたとて、人間の生活環境に被害は及ぼさない。
自然に還るだけだ。
子猫殺しを犯すに至ったのは、いろいろと考えた結果だ。
私は猫を三匹飼っている。
みんな雌だ。
雄もいたが、家に居つかず、近所を徘徊して、やがていなくなった。
残る三匹は、どれも赤ん坊の頃から育ててきた。
当然、成長すると、盛りがついて、子を産む。
タヒチでは野良猫はわんさかいる。
これは犬も同様だが、血統書付きの犬猫ででもないと、もらってくれるところなんかない。
避妊手術を、まず考えた。
しかし、どうも決心がつかない。
獣の雌にとっての「生」とは、盛りのついた時にセックスして、子供を産むことではないか。
その本質的な生を、人間の都合で奪いとっていいものだろうか。
猫は幸せさ、うちの猫には愛情をもって接している。
猫もそれに応えてくれる、という人もいるだろう。
だが私は、猫が飼い主に甘える根元には、餌をもらえるからということがあると思う。
生きるための手段だ。

もし猫が言葉を話せるならば、避妊手術なんかされたくない、子を産みたいというだろう。
飼い猫に避妊手術を施すことは、飼い主の責任だといわれている。
しかし、それは飼い主の都合でもある。
子猫が野良猫となると、人間の生活環境を害する。
だから社会的責任として、育てられない子猫は、最初から生まないように手術する。
私は、これに異を唱えるものではない。
ただ、この問題に関しては、生まれてすぐの子猫を殺しても同じことだ。
子種を殺すか、できた子を殺すかの差だ。
避妊手術のほうが、殺しという厭なことに手を染めずにすむ。
そして、この差の間には、親猫にとっての「生」の経験の有無、子猫にとっては、
殺されるという悲劇が横たわっている。
どっちがいいとか、悪いとか、いえるものではない。
愛玩動物として獣を飼うこと自体が、人のわがままに根ざした行為なのだ。
獣にとっての「生」とは、人間の干渉なく、自然の中で生きることだ。
生き延びるために喰うとか、被害を及ぼされるから殺すといった生死に関わることでない限り、
人が他の生き物の「生」 にちょっかいを出すのは間違っている。
人は神ではない。
他の生き物の「生」に関して、正しいことなぞできるはずはない。
どこかで矛盾や不合理が生じてくる。
人は他の生き物に対して、避妊手術を行う権利などない。
生まれた子を殺す権利もない。
それでも、愛玩のために生き物を飼いたいならば、飼い主としては、
自分のより納得できる道を選択するしかない。
私は自分の育ててきた猫の「生」の充実を選び、社会に対する責任として子殺しを選択した。
もちろん、それに伴う殺しの痛み、 悲しみも引き受けてのことである。 (作家)

避妊手術が正しい行為とは言い切れませんが、だからと言って生まれたばかりの子猫を崖下に放り投げる・ ・・!!!!  そこに、どのような正当性を唱えても、私には理解できないのです。

愛玩動物として獣を飼うこと自体が、人のわがままに根ざした行為
その意見は正しいかも知れませんが、しかしその行為を彼女自身が行っていたのだし、
自分の育ててきた猫の「生」の充実を選び、社会に対する責任・・・・
生まれたばかりの子猫の「生」の充実を彼女は無視し、生かして捨てて人間社会に迷惑掛けることを避けたのですね。

事は単純な事。
坂東眞砂子は小さな赤ん坊の頃から飼っていた、3匹の雌猫だけが可愛かっただけの事なんです。その可愛い雌猫に避妊手術などさせたくないだけなんです。そうなると当然のように、1度に10匹ほどの子猫を生む。生まれたばかりは、人間にしても猫にしても、生んだ親は別にして、見た目はただの肉の塊。可愛さを感じられるのは2週間ほど経ってからだから、そんな感情が湧く前に、肉の塊の時に崖下に放り投げてしまおう。

それだけの事であって、
「殺しの痛み、悲しみ」など、
彼女には
微塵もないと思います。

直木賞作家のエッセイ。
人に感動を与える文章を綴る作家。
今回の「子猫殺し」は、
フィクションであって欲しいものです。

坂東眞砂子さん 「子猫殺し」コラム、掲載紙に抗議殺到
: 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
.

asahi.com
:「子猫を殺している」坂東眞砂子さんのエッセーが波紋?-?社会
.

鬼畜子猫殺し坂東眞砂子 - ニュー速用まとめ wiki.

    坂東眞砂子の作品/amazon.co.jp

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006/08/23

利尻島で夏休み

北海道『利尻島』
北海道の札幌に住む姪っ子が、
友達のお婆さんが暮らす利尻島
旅行に行ったとさ・・・。
札幌からバスで6時間かけて、
最北端の稚内へ行き、
そこから1時間40分の船旅で、
目的地の利尻島

1週間、利尻島の生活を経験して
「楽しかったよ~~~~オイタン!!!」
と電話口でのキャピキャピの笑い声。

良かったね・・・
楽しい夏休みの思い出が出来て。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/18

北一硝子のコップで酎ハイ

北一硝子

北海道の札幌から1時間のところに、
北海道開拓時代の雰囲気を残す町
小樽があります。
また北のニシン漁の面影を残す建物が
点在する町小樽には、
市民に愛される硝子器を製作している
北一硝子があります。

そのコップには、確か名前があったはず・・・
小樽運河の夕陽」だったような気がするが、
どうも思い出せない。
しかし、
そのコップで冷たい水を飲みたくなるのです。
そのコップでビールを飲みたくなるのです。
そのコップで酎ハイを飲みたくなるのです。
そのコップで牛乳を飲みたくなるのです。
そのコップで黒酢ドリンクを飲みたくなるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近の携帯電話_W44T

W44T_東芝先月に買い換えた
携帯電話W44T
デザイン重視で
選んだのですが・・・
その機能に
驚かされてます。

まず、付属されているソフトの「Lismo」。
携帯電話に音楽を取り込む事はもちろん、
アドレス管理や、画像・スケジュールの管理もでき、大変重宝しています。
以前使っていた「携快電話12」 は不要になり、
今は「Lismo」への切り替えをしています。

次に驚きは「ナビ・ウォーク」。
ナビ無しの車を運転している私ですが、
先日、カミさんと遠出をしました。
助手席のカミサンが退屈を紛らわすため、
試しに「EZナビ」を作動。
凄いですね・・・・・!!!!!
車に装備されているナビと同じです。
普段はナビを使うような運転をしない私なので、
携帯電話の「ナビ・ウォーク」で充分と感じてしまいました。

カメラも 3.2メガピクセルと高画質で、
うまく使えば高級デジカメなみの写真も
可能でしょう・・・。

他にも便利な機能が盛り沢山のW44T
携帯電話は電話とメール機能があれば
充分と思っていても、
なんとも楽しい玩具ですね。

昨日、読売新聞の携帯サイトを登録。
朝日新聞を購読しているので
読売にしたのですが、
月210円の料金はおそらく安価だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/08/14

ウサギの下痢

『ぽん太』の下痢今年の夏も
暑いのです。
そして、
日照不足とか、
洪水とかで
野菜の値段が高いらしいです。

久しぶりに貰った、パセリを美味しくいただいたのに、
どうも~~~ドウモ~~~
腐っていたのかな????

次の日、
下痢便で部屋を汚してしまったのです。
オシッコやウンコは、
トイレでするものとは知っていますよ。
確かに知っているけど、
この日はイカンワ!!!!
動くたびにプリップリッ出てしまうのです。

hiropechiと一緒にシャワーを浴びました。
最初はぬるいお湯でお尻の周りをシューーー
そして、hiropechiの手でゴシゴシ。

なにか、とても気持ちが良かったです。

今日は、茹だるような暑い日。
hiropechiはタオルで軽く拭いただけで、
僕をベランダに放置。

それでも、お尻の周りはキレイになったし、
お部屋もきれいにしてもらったし、
~~~気分が良いのです。

        

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/08/10

お尻が暑い!!!

お尻が暑い!!!

台風が通り過ぎた今日は、
快晴!!
力一杯の夏。

借りていた本を返却のために図書館へ・・・
『ここにいないあなたへ』
辻 仁成=文 安珠=写真
を新たに借りました。

さり気なく、こんな文章を書きたいですね・・・
自分も感じられる写真を撮りたいです。

図書館から出たら
黒いサドル熱い!!!
お尻のホッペタが暑い!!!
お尻のお口が暑い!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/07

『日本沈没』を観てきました

本格的の到来
昨日は映画館に涼みに行きました。

せっかくの映画館での鑑賞なので、
やはり迫力のある映画として、
「M:i:Ⅲ」「日本沈没」と思いましたが、
上映時間の関係で「日本沈没」に決定。

さすが夏休みの日曜日。
満員御礼のためで、
座席指定でA-10とA-11。
初めてです、1番前の席は!!!!!
最初は慣れずに目が、
ナマズのように両側に広がってしまいました。

『日本沈没』
確かにリメイクだけあって、
ストーリーは問題ないのですが、
どうも迫力が足りませんでした。
おそらくアメリカ映画の
これでもか!!これでもか!!!
の音と映像の攻撃に
慣れてしまったためなんでしょう・・・・・
その点が期待はずれ・・・消化不良・・・・

そうなると気になるのが「M:i:Ⅲ」
やはり、1番前は疲れるので、
平日に時間が取れたら、観に行きたいものです。

それにしても『日本沈没』
劇場内はエアコンの効き過ぎで寒さを感じ、
外は目を開けていられないほどの強い紫外線。
『日本沈没』以前に
『地球壊滅』 を感じてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/08/06

星野富弘全詩集Ⅱ

毎日が暑い夏休み。
ちょっと避暑に出かけました。

オヤオヤ今日も大盛況。
腰掛ける椅子がありません。

予想していたように、今年の夏は暑いです。
海に行っても暑いです。
プールに行っても暑いです。
我が家にいても暑いです。
デパートに行ったらエアコンの温度設定が低いため、
逆に寒く感じてしまうのです。

わが町には大きな図書館があります。
昨日も暑さから逃げるように行きましたが、
夏休みで土曜日のためか、チョ~~満員!!!
みんな本を膝に置き、気持ち良さそうにお昼寝です。

星野富弘全詩集Ⅱ『空に』『星野富弘全詩集Ⅱ』
目に付いたので、借りて来ました。

1946年 群馬県勢多郡東村に生まれる
1970年 中学校の教諭になるがクラブ活動の指導中頸椎を損傷、手足の自由を失う。
1972年 病院入院中、口に筆をくわえて文や絵を書き始める。
1974年 病室でキリスト教の洗礼を受ける。

現在も詩画やエッセイの創作活動を継続中との事です。

『星野富弘全詩集Ⅱ_空に』は絵の無い詩集です。
しかし、それも良いのです。
飾らない言葉の集まりに、心が打たれます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

優良運転者講習

先日、約1時間の優良運転者講習
受けてきました。

最近は交通事故で亡くなる方が
少なくなったとの事。
だからと言って運転技術が
向上したわけではなく、
まして運転マナー
向上したわけではありません。
逆に運転マナーは最悪との事でした。

それでも交通事故で亡くなる方の減少は、
車本体の安全向上と、
医療時術の進歩、
それと、携帯電話による、
事故時の速やかな通報によるものとの事でした。

しかし、勘違いをしないでください。
携帯電話による
注意力の欠落によって引き起こされる事故は、
年々増加しているとのことです。

携帯電話で通報するのは、
通りがかりのドライバーなんです。
携帯電話が原因で事故を起こしたドライバーは、
その携帯電話で連絡を取る事など困難です。

運転中の携帯使用を違反行為とし
「3ヶ月 以下の懲役又は5万円以下の罰金」

優良運転者が終わり、
新しい免許証を受け取ったドライバーが、
駐車場から出て行く・・・
            
その左手に・・・・!!!!

「今、講習が終わりました。
これから戻り、仕事現場に就きます」

「今終わったけど、これから買い物するから、
昼食は1時頃かな~~~~」

優良運転者による、
運転しながらの携帯電話での連絡!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/05

ゴミメールに困っています

毎日30件ほどのメールを受信します。
しかし、その内の半分は
アダルト系ゴミメール
アドレスのあるものは迷惑メールとして、
受信拒否リスト」に登録して処理していますが、
敵も頑張っていますね~~~~~~
新しいアドレスで何度も送ってくるのです。
それでも根気よくリスト登録を続けているので、
弊害は少なくなってきていますが・・・・・・・・・・・。

アドレス表示の無いメールが送られてくるのは
何故ですか??
受信拒否リスト」にも登録できず、
少々困っています。
そんな、アドレス表示の無いメールに
快い反応などしないと思うのですが・・・・・
数多く送り続けるうちの
「間違い」「勘違い」を期待しているのでしょうか。

困っています。
間違って必要なメールまで削除しそうなんです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/08/04

本日大安,『ロト6』購入

本日大安,『ロト6』購入

今日も暑い!
暑くても大安。
『ロト6』を買わなければなりません。
そろそろ当選しそうなんです。
夢の二億円。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山中千尋『Outside by the Swing』

山中千尋『Outside by the Swing』すごく可愛い女の娘だけど、
最高のジャズ・ピアノを聴かせてくれる山中千尋

そのCDのジャケットは、
若い可愛い女性がこちらを見ているのです。
山中千尋ちゃんか~~~・・・・・・好みのタイプ
しかし、陳列されてる場所はJAZZ部門の棚。
手にとって見ると、
「Swing Journal」の選定版。

【エンハンストCD仕様】
最近、この手のCDを時々見かけます。
音楽の音だけではなく、
オマケに、一曲だけ映像入りを入れてくれてるのです。

『I Will Wait』___
山中千尋のオリジナル曲 が収録。
レコーディング風景の
迫力ある演奏シーンを堪能でき、
この映像だけで大満足。
と言うよりも、正直なところ・・・・・・・
収録曲の『I Will Wait』よりも、
映像曲の『I Will Wait』のほうが
躍動感抜群!!!



山中千尋のサイト chiro web

山中千尋『Outside by the Swing』 /amazon.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/03

亀田興毅が勝利!!!

亀田興毅が判定勝ち!!!」を、
帰宅中にラジオで知った。
・・・・フ~~~ン、勝っちまったんだ。
が、その時の正直な感想。

テレビで露出される亀田興毅のパフォーマンスが、
好きになれない自分。
だから、今回のボクシングWBA世界ライトフライ級王座決定戦を
無視しようと決めてかかったのだが・・・・・・。
イカンセン愛国心旺盛な人間だから、
気になる・・・気になる・・・・・。

リンク: Sankei Web スポーツ ボクシング、亀田王座 “疑惑判定”にファンも唖然(08/03 02:51).

サッカーにしても、野球にしても、
時々あるファン(素人)が理解できない判定。
プロの世界は沢山のファン(素人)が支えているはず。
命を懸けた勝負の場に、
ファン(素人)が理解出来ない判定(八百長やらせ地元びいき)が、存在したら、ファンはファンを止めてしまいます。

ファンのためにもプロ・ボクシング界のためにも、
今年の大晦日に行われる初防衛戦で、
誰もが認める王者らしい勝利を収めて欲しいものです。

そして、対戦相手に敬意を払うパフォーマンスを行って欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »