« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006/09/26

駒大苫小牧・田中投手は楽天

田中投手は楽天!!!
本人のコメントからして、弱小球団の楽天で
野村監督と共に
プロ野球界を盛り上げてくれるだろう。
楽天なら開幕1軍も夢じゃない。
頑張れ!!!
と応援したくなる結果です。

asahi.com: 朝日新聞プロ野球ドラフト2006記事一覧.

吉田拓郎が先日、
31年ぶりのつま恋ライブを行いましたが、
その拓郎の歌の「落陽」に・・・・・・・

苫小牧発 仙台行きフェリー~~~~♪♪♪
  あの爺さんときたら、
    わざわざ見送ってくれたよ~~~♪♪♪

田中投手は楽天入団の日、
船で仙台に向かうのだろうか・・・???
イヤッ、船で向かって欲しい。

asahi.com: 拓郎& かぐや姫31年ぶりつま恋ライブ/日刊スポーツ芸能ニュース

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2006/09/25

金木犀の香り

暑い夏も過ぎ、
心地好い風の中を自転車で走る。

最高の季節が満喫しています。

どこからとも流れてくる甘い香り。
金木犀
(キンモクセイ)であることは知っているが、
何処から~~~~???

夜、窓を全開にし、
無駄に時間を過ごしていると、
「強烈」と感じるほど香りが襲ってきた。
やはり金木犀だが、
例年に無いほどの自己主張。

例年に無い」と言えば・・・・・。
今年の夏は蚊に刺される回数が、
なんとなく少なかったような気がする。
フマキラーのベープ・リキッドの残量は、
タップリあり来年も使えそうだ。

例年に無い」と言えば・・・・・。
今テレビで騒がれているスズメバチ。
そのスズメバチを見る機会が多くなった。
幸いにも襲われてはいないが、
スズメバチを見かけたら、
石のように動かないようにしている。

最近多くなっている、
「例年に無い」「数十年ぶりの・・・」

       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/22

「日の丸」に起立、「君が代」を斉唱の強制が違憲

2003年10月、
東京都は入学式や卒業式などで国旗の掲揚と国歌の斉唱を実施。
これに従わなかった教職員は
服務上の責任を問うというかたちで345人が懲戒処分。

2006年9月21日、
「東京都教育委員会の通達・指導は
思想・良心の自由を保障した憲法に違反する」との判断を示し、
懲戒処分は無効・慰謝料として
1人当たり3万円の賠償を都に命じた。

東京都は控訴する方針。

Sankei Web :「国歌斉唱の義務ない」 教職員の訴え認める 東京地裁判決(09/21 19:48)

自らの主義・主張を体現する。
その事を、教師が生徒に示す事は
素晴らしい事です。
しかし入学式・卒業式等でのそのような行為は、
「式典の妨害」と視られるだろうし、
「成人式で暴れる新成人」
なんら変わりがないと思います。

確かに想いは立派なのかもしれませんが、
示し方が間違っているのではないでしょうか。

「起立」の号令を無視して座ったままの教師。
「君が代の斉唱」
ふてくされた顔でそっぽを向く教師。
そんな教師たちを素晴らしい
と思う生徒がいるかもしれませんが、
「国旗・国歌を尊重する心が失われると同時に、国家を尊重する心をも失う」
そんな生徒をつくってしまうのではないでしょうか。
「自分の正義」のためならば、
社会を混乱させてもかまわず、
の人間を生み出してしまうのではないでしょうか。

無責任に行動した教師。
「少数の思想・良心の自由」を過大評価し、
生徒に与える影響を過小評価した裁判官。
そんな思いがした出来事です。

ちなみに、
オリンピックで「日の丸」が揚がると喜び、
金メダルで「君が代」が流れたら涙流します。
そして、
中国等の反日運動で、
「日の丸」が焼かれるシーンがテレビで放送されると、
悲しくて胃が痛くなります。

哀しい歴史を背負った「日の丸」「君が代」
日本人に生まれた限り、
その歴史を背負い込まなければならないのだろうし、
日本人として日本の歴史をつくってゆく。

「今の日本は好きになれない」と思ってはいても
無責任に日本を捨てられない。
安倍新総理に、
大きな期待を抱いている私です。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006/09/19

CMサイトでウサギの小皿を・・・

うさぎの小皿

CMサイトに登録して、
少ないポイントをチマチマ貯めて、
ゲットしました、ウサギの小皿。
特別に欲しかった物ではありませんが、
なんとなく交換したかったから、
満月が素晴らしい時期だったから・・・・・。

カミさん、小皿に果物をのせて出してくれます。
酒のつまみを出してくれます。
なんとなく、
なんとなく、楽しい時間です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/18

安倍内閣のもとでは・・・・・

竹中平蔵総務相が、
小泉内閣総辞職に伴い
参院議員を辞職するとの事。
また小泉純一郎首相に報告、
了承を得ていると事。
「小泉内閣の終焉をもって
政治の世界での役割は終わった」と言っている。

誰もが言うように、
大臣としての役割は終わったとしても、
議員としての役割が残っているはず。
竹中平蔵を議員にしたのは、
小泉首相ではなく有権者なのだから。

それでも、
安倍晋三官房長官とは
反りが合わないらしいから、
安倍内閣では華やかなポストに
就けないだろうし、
魅力を感じないのでしょうね。

それにしても凄いですね!!!
多くの有権者を無視できるなんて、
竹中総務相、
小泉首相共に凄いですね!!!

リンク: 竹中総務相の辞意表明に河野議員激怒 - 社会ニュース : nikkansports.com

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猛烈な台風

なんとなく、猛烈な台風が多いような・・・
なんとなく、土砂降りが多いような・・・

人は異常を感じているはずなのに・・・。
鈍感になってしまったのか、
見て見ぬふりをしているのか、
単に自分勝手なのか・・・。

小さい頃の台風は、
なぜかワクワクしたもの。
時には停電になったりして、
蝋燭(ろうそく)の灯りの中で聞く風の音が、
とても楽しく思ったのに・・・・。

最近の台風は人間に厳しすぎます。
悲しい事に、
弱い地域と弱い人間を苛めているようで、
悲しい事に、
弱いものイジメをしているような、
そんな感じがしてしまうのです。

asahi.com:横転の特急「屋根瓦飛んできた」  台風で交通網寸断

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/08

天皇制は日本の文化

秋篠宮妃紀子さまが39歳の高齢で、
しかも「部分前置胎盤」のため
帝王切開による御出産。
親としては、男の子でも女の子でも良い、
無事に生まれて欲しいと願い、
だから出産前のエコーによる
男女の確認はしなかった。

「親王さま」御誕生の今、
皇位継承者を男系男子に
定めている皇室典範を、
時代に合っていないとか、
皇位継承の安定とか、
・・・・・・そのような論議は無礼千万。

おそらく、
日本の天皇制は非合理な文化だと思います。
そして、文化なんて所詮非合理なものなんです。
だから「文化遺産指定」などの努力をしないと、
時代と共に廃れてしまうのでしょう。

男系男子の皇位継承の非合理性を、
政治が介入して、
合理的な制度に変えようとした時、
その非合理的な天皇制の文化を、
辛うじて守った皇族。

・・・・・・イヤッ、単純に喜びましょう。
「親王殿下ご誕生おめでとうございます」

リンク: asahi.com:紀子さま、 男児ご出産 皇室に41年ぶり、 皇位継承3位
     
  

男にしか伝わらない神武天皇のY染色体

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/09/05

吟遊詩人『ジョルジュ・ムスタキ』

Georges Moustaki遠い昔、
おそらく30年以上も前。
NHKで彼の歌声を
聞いた。
歌と言うより語りかけ。

悩み多き心に、
優しく語り掛ける彼は、
シャンソンを歌っていたらしい。
確かにフランス語独特の鼻に抜ける歌い方。


「私の孤独」
[作詞・作曲ジョルジュ・ムスタキ (Georges Moustaki)]


私の孤独と一緒に しばしばよく眠ったものだから
私は私の孤独をほとんど友達みたいに
甘美な習慣みたいにしてしまった
彼女は影のように忠実に
私から一歩も離れようとしない
あちこち世界のすみずみまで
私につきまとった

いや私は決してひとりぼっちじゃない
私の孤独と一緒だから

彼女が私のベットにうずくまる時
場所をひとり占めしてしまう
そして 長い夜な夜なを
二人っきり向いあって過ごす
この共犯者はどこまで行くのか
ほんとうはわからない
こんな興味を持っていくべきか
それとも 逆らうべきか?

いや私は決してひとりぼっちじゃない
私の孤独と一緒だから

私の孤独からたくさんのことを学んだ
涙を流すことも
時々彼女と別れようとしても
彼女は決して武装を解こうとしない
そしてもし私が他の人と
恋をしたいと思うなら
彼女は私の最後の日に
最後の伴侶となるだろう

いや私は決してひとりぼっちじゃない
私の孤独と一緒だから

風貌は、まるでキリスト様。
淡々と語りかける「ヒロシマ」は、
フランス語の知らない中学生にでも・・・・・。
原爆は哀しいですよ、

原爆は涙ですよ、
原爆は痛いですよ、
原爆は・・・・・・・・・・・・・。

ジョルジュ・ムスタキ (Georges Moustaki)のCDは
日本では少ないみたいですが、
是非とも彼の歌(語りかけ)を聴いてみてください。

amazonのジョルジュ・ムスタキのベスト版の紹介に、
1曲につき30秒ほどの試聴が出来るのが幸運です。

       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/01

バッハ・無伴奏組曲・・・ミッシャ・マイスキー

無伴奏チェロ組曲/ヨハン・セバスティアン・バッハ1人コンピューターに向かう時、
1人秋の夜長に読書する時、
1人真剣にナンプレに挑戦している時、
そんな時
何気なく流すバッハの無伴奏チェロ組曲
それは、決して読書の邪魔をするわけではなく、
しかし、
「オヤッ・・・!!!」と思いスピーカーを見つめ、
音に聞き入る。
時々、私の心を動かすミッシャ・マイスキー(Mischa Maisky)の演奏は何なんだろう?

健康散歩の時にボリュームを上げて聴くバッハの無伴奏チェロ組曲
以外にも早歩きの歩調を邪魔しない。
そして、ボリュームを上げたためだろう、
歩く行為よりも音楽鑑賞に重きが置かれる。

そうなんです。
散歩の時が私の音楽鑑賞の時なのです。


mischa maiskyのアルバム/amazon.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »