« サブ・ウーファーの調整_YST-SW010 | トップページ | 『THE DEPARTED』_『Infernal Affairs』を超えられるか »

2006/12/09

『硫黄島からの手紙』を観ました

『硫黄島からの手紙』

監督はクリント・イーストウッド
出演者は渡辺謙二宮和也 、 伊原剛志
日本人。
だから、そこには真実があると思うし、
真実はもっと悲惨なんだろう。

「父親たちの星条旗」でもそうであったように、
戦争を微塵も美化しない
クリント・イーストウッドの戦争映画。
戦場で戦いたい人間は少ないだろう。
しかし戦争を始める者は、
自身で戦争に行かないし、
愛する息子も戦争に行かない。

戦争に行かず戦争を始める者を決めるのは、
我々の選挙の時の1票なのだ。
目先の損得で1票を間違えると、
戦争に行く羽目になるかもしれない。
可愛い息子が敵の銃弾を避けながら
逃げ回るかもしれない。
「日本には自衛隊があるから大丈夫」と思う人も、
そんな安心感を持っていて大丈夫ですか。

「硫黄島からの手紙」には、
なんの娯楽性も感じず、
ただただ戦争の愚かさを突きつけられました。
「硫黄島からの手紙」を政治家に観てもらって、
戦争を起こさないようにしよう・・・なんて思っても、
それは無駄な努力でしょう。

硫黄島探訪

父親たちの星条旗 | 硫黄島からの手紙

『父親たちの星条旗』を読む

『硫黄島からの手紙』を読む

|

« サブ・ウーファーの調整_YST-SW010 | トップページ | 『THE DEPARTED』_『Infernal Affairs』を超えられるか »

コメント

トラックバックありがとうございます。(http://www.yawarakacinema.com/cgi-def/admin/C-010/cinema/tdiary/index.rbのほうです。)
本家サイト(http://www.yawarakacinema.com/)も、よろしくお願いします。

投稿: やわらか映画~おすすめDVD~ | 2006/12/10 13:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『硫黄島からの手紙』を観ました:

» 「硫黄島からの手紙」みた。 [たいむのひとりごと]
「これはアメリカ映画だよな。」エンディングで改めて思った。『父親たち星条旗』に続き、硫黄島2部作”日本から見た硫黄島”編だということだったけれど、どうもこれも”アメリカから日本を見た硫黄島”という気がした。(以下若干内容に触れます) 私に... [続きを読む]

受信: 2006/12/09 23:32

» 「硫黄島からの手紙」試写会レビュー 私は日本人 [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ]
クリント・イーストウッド監督が撮る戦争映画はこれで完結された。僕は、彼の「父親たちの星条旗」に続く圧倒的なパワーを感じ、自分は日本人だということを感じたのだ。 [続きを読む]

受信: 2006/12/10 01:08

» 硫黄島からの手紙 [悠雅的生活]
余は常に諸氏の先頭にある。 [続きを読む]

受信: 2006/12/10 08:52

» 『硫黄島からの手紙』を、試写会で観て参りました。 [TATSUYAのシネマコンプレックス]
      2つの手紙、2つの国旗は、     個人と国家を象徴していた。 ※ネタバレの嵐にご注意ください。 昨日11月28日。本町の御堂会館にて、クリント・イーストウッド監督の 『硫黄島からの手紙』の試写会... [続きを読む]

受信: 2006/12/10 10:44

» 硫黄島からの手紙 [Akira's VOICE]
観賞後に胸を満たすのは,反戦の強い思い,ただひとつ。 [続きを読む]

受信: 2006/12/10 11:44

» 硫黄島からの手紙 [映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α]
ただの涙だけじゃない、 アメリカが描いた日本兵の姿。 [続きを読む]

受信: 2006/12/10 12:19

» 今、硫黄島が熱い! 2 [諸葛川]
反日俳優とウワサされたクリント・イーストウッド監督による南京大虐殺の映画が作られるという事で w ・・・(中略 w )・・・、日本公開初日の今日、「硫黄島からの手紙」を見に行きました。 ハリウッド映画にして初めて誤解に満ちた日本の描写がほとんどないという、驚異的な映画でした。 勝ったアメリカを美化する事も無く、日米にとって公平な初めての戦争映画です。 渡辺謙、中村獅童の演技も良かったと思います。 特筆すべきは二宮です。ハリウッド映画で人間らしさを全身で示した初めての日本人かも... [続きを読む]

受信: 2006/12/10 12:32

» [映画・ア行] 硫黄島からの手紙 [「やわらか映画〜おすすめDVD〜」映画ブログ]
[映画・ア行] 硫黄島からの手紙 今回の映画は、「硫黄島からの手紙」です。 (今回の映画レビューは、本家サイト「やわらか映画〜おすすめDVD〜」からの転載であり、本家では、公開後に加筆する予定です。) 本作「硫黄島からの手紙」は、日米双方の視点から、「硫黄島の戦い」を描く2部作の第2弾です。本作では、栗林忠道中将を中心に、日本側の視点から描きます。監督は、クリント・イーストウッド。アイリス・ヤマシ�... [続きを読む]

受信: 2006/12/10 13:10

» 『硫黄島からの手紙』鑑賞! [☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!]
『硫黄島からの手紙』鑑賞レビュー! 世界が忘れてはいけない島がある 硫黄島を知っていますか? 東京都小笠原村硫黄島—— グアムと東京のほぼ真ん中 日本の最南端に近い、周囲22kmほどの小さな島 この島で61年前に起こった出来事を、あなたは知っていましたか? 半世紀以上もの歳月を経なければ描くことのできなかった真実 61年の時を超えて初めて出会う人々 日本とアメリカ いま、ふたつの国の両方から この島で起こったことのすべてが 解き明かされようと... [続きを読む]

受信: 2006/12/11 09:29

» クリント・イーストウッド監督「硫黄島からの手紙」 [詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)]
監督 クリント・イーストウッド 出演 渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、中村獅童  「父親たちの星条旗」につづき、この映画でもスクリーンは不思議な色に染まっている。草の緑も浜辺の砂も海も色も、これがほんとうに硫黄島の自然の色とは思えない。だが、私の判断が正しいかどうかはわからない。ほんとうに、スクリーンに映し出された通りの色かもしれない。私は硫黄島について何一つ知らない。  始まってす... [続きを読む]

受信: 2006/12/11 23:58

» 硫黄島からの手紙★LETTERS FROM IWOJIMA [銅版画制作の日々]
 クリント・イーストウッド監督、硫黄島2部作『硫黄島からの手紙』を観てきました。平日の夕方にも関わらず、多くのお客さんでした。1作目『父親たちの星条旗』はアメリカから見た硫黄島、今回は日本から見た硫黄島。5日間で硫黄島戦は終結するはずだった。しかしその日数をはるかに越えて36日間に及ぶ長期戦と変貌戦史に残る戦いへと変えた男たちがいるのである。 指揮官の名前は栗林忠道・・・・・太平洋戦争におい... [続きを読む]

受信: 2006/12/12 16:22

» 【劇場鑑賞138】硫黄島からの手紙(LETTERS FROM IWO JIMA) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
1945年 硫黄島 アメリカが5日で終わると思っていた戦争を 36日間守り抜いた日本人たちがいた これは彼らの話である [続きを読む]

受信: 2006/12/14 22:37

» 硫黄島からの手紙 [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
十分な兵力も武器も弾薬も食料も水も持たず、過酷な戦いを強いられる日本兵から見た硫黄島の戦いが描かれています。先に公開されている「父親たちの星条旗」 と合わせて「硫黄島二部作」となっています。 日本の兵隊たちが、過酷な状況の中で、いかに死力を尽くして戦ったか... [続きを読む]

受信: 2006/12/16 09:19

» 「 硫黄島からの手紙 / Letters From Iwo Jima (2006) 」 [MoonDreamWorks★Fc2]
監督 ・ 製作 : クリント・イーストウッド /製作 : スティーヴン・スピルバーグ [続きを読む]

受信: 2006/12/16 14:50

» 「硫黄島からの手紙」見てきました。 [よしなしごと]
 この映画のおかげで「硫黄島に行くにはどうすればよいのか?」という問い合わせが今までは月に1回くらだったのが、今では1日に何回も問い合わせがあるようになってしまったと新聞に載っていました。と言うわけで硫黄島からの手紙見てきました。... [続きを読む]

受信: 2006/12/17 15:04

» 硫黄島からの手紙 (映画館篇) [映画と本と音楽にあふれた英語塾]
硫黄島からの手紙 (監督 クリント・イーストウッド、出演 渡辺謙、二宮和也) 原題: Letters from Iwo Jima (2006) 2006年12月9日 日本初公開 公式サイト: http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies/ ユナイテッド・シネマとしまえん スクリーン8 H-24 2006年12月14日(木)21時15分の回 ゴウ先生総合評価: A   画質(スコープ): A-   音質(SRD/THX): A+ ... [続きを読む]

受信: 2006/12/18 17:54

» 硫黄島からの手紙 [欧風]
さて、昨日はクラブワールドカップに行った、と書きましたが、その試合の前日、16日も東京にいたので、映画を観ることに。 池袋シネマサンシャインで観た [続きを読む]

受信: 2006/12/21 20:36

» 硫黄島からの手紙 [シネマ de ぽん!]
硫黄島からの手紙公開中ストーリー ☆☆☆☆☆映画の作り方☆☆☆☆☆総合評価  ☆ [続きを読む]

受信: 2006/12/28 13:25

» 硫黄島からの手紙 [いろいろと]
硫黄島2部作の第2弾 アメリカ側の視点から描かれた「父親たちの星条旗」に 対し、 [続きを読む]

受信: 2006/12/30 19:01

» 「硫黄島からの手紙」 アメリカ人も日本人も、同じ人間 [はらやんの映画徒然草]
イーストウッド監督の「父親たちの星条旗」に続く硫黄島二部作の二作目です。 「父親 [続きを読む]

受信: 2007/01/02 20:50

» 「硫黄島からの手紙」事実を風化させるなと心に刻む [soramove]
「硫黄島からの手紙」★★★★★必見! 渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮出演 クリント・イーストウッド監督、2006年、アメリカ 硫黄島が制圧されたら 米軍の戦闘機がいよいよ日本の本土に向かうことになる 日本の最後の生命線を舞台に イーストウッド監督が...... [続きを読む]

受信: 2007/01/05 20:07

» 硫黄島からの手紙 [スーパーヅカン]
遅ればせながら新年明けましておめでとうございます! これからもどうぞよろしくお願いいたします!! たくさんお休みさせていただきましたので、これからまたガンガン行きたいと思います(≧∇≦)b さて早速、 年始1発目は『硫黄島からの手紙』です。 製作年度 2006年...... [続きを読む]

受信: 2007/01/07 17:46

« サブ・ウーファーの調整_YST-SW010 | トップページ | 『THE DEPARTED』_『Infernal Affairs』を超えられるか »