« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010/02/18

「子猫殺し」を語る/坂東眞砂子

「子猫殺し」坂東眞砂子
以前にも綴った「子猫殺し」。2006年8月27日

子猫殺し」は新聞に連載した
24のエッセイのうちの一つとのこと。
その連載のテーマは「生き物の生と死を考える」。

そうなんだ~~~~~~
と思いながら読み進めてゆく。

読み進めてゆくうちに、
坂東眞砂子さん言い分を理解できる。
理解できるが、納得できない。 

食べるための牛や豚、鶏の存在。
動物愛護センター」で行われている、
年間40万匹に及ぶ犬猫の殺処分。
人間の都合で、他の動物の命を操作している現実が、
幾度となく綴られている。
子猫殺し」は飼っている猫たちへの、
坂東さんの飼い主としての責任から行われたとのこと。
猫たちの幸福を思っての行動だとのこと。

それでも、
どんなに崇高な思いを語ろうとも・・・・・。
産まれたばかりの、
まだ目が開いていない子猫を、
崖下に捨てる行為・・・・・・。
どうしても、オゾマシイ光景にしか映らないのです。


                


                  


ANA HOUSE(総合免税店)WEBサイト

水広場



海外ツアーはルックJTB

炭焙き珈房“るびあ”

amazon.co.jpで買い物/hiropechiのおすすめ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/13

これもJAZZなんです

『Here I Am』Amanda Brecker
音楽にはジャズ、ポップス、ロック、
クラシック、演歌・・・・・
などなど仕分けられています。

アマンダ・ブレッカー『Here I Am』

アマンダ・ブレッカーを知らず、
ジャケット写りの彼女が美人であるという事と、
『スイングジャーナル選定ゴールド・ディスク』
に釣られ・・・・・・・・・・・・・・・・。

・・・・・・・これも、JAZZボーカル?????

サラ・ボーンとかエラ・フィッツジェラルド
女性JAZZボーカリストと認識していた自分は、
これほどまでに爽やかな声で爽やかに歌われては、
ちょっと違和感を感じてしまうのです。

JAZZボーカルは重く、あるいはちょっと重い声で、
翳り(かげり)を醸し出して歌い、
聴くほうも・・・
ちょっとかしこまって、
JAZZを聴く用意をして聴く。

そんな固定観念でJAZZを聴いていた自分。

イインジャナイ~~~~
彼女・アマンダ・ブレッカーの声と歌い方が気に入り、
お勧めのJAZZボーカルCDとして紹介します。 
 
『Sing Once More ~Dear Carpenters~』平賀マリカ
平賀マリカ『Sing Once More ~Dear Carpenters~』 。こちらも
『スイングジャーナル選定ゴールド・ディスク』で、
馴染みのカーペンターズの曲が
JAZZ風にアレンジされて楽しめるだろう・・・・
と思いきや、
爽やかに カーペンターズを歌い上げているのです。

こちらも、 
お勧めのJAZZボーカルCDとして紹介します。


平賀マリカ/amazon.co.jp

アマンダ・ブレッカー/amazon.co.jp



平賀マリカ オフィシャルウェブサイト

ANA HOUSE(総合免税店)WEBサイト

水広場



海外ツアーはルックJTB

炭焙き珈房“るびあ”

amazon.co.jpで買い物/hiropechiのおすすめ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/07

確かに寒い・・・はずですが・・・・・

ニュースでは、豪雪だ!!!寒い々と叫んでいる。
それでも、その寒さをそれほどに感じない自分。

「遠い昔は、もっと寒かった」
と感じながらも・・・・・思い出したことがある。

老人の熱中症
真夏の熱~~~い日。
暑さを感じにくくなった老人が、
エアコンの無い部屋で、
熱中症で亡くなってしまう。

年を取ると、
暑さと同時に、
寒さも感じなくなってしまうのだろうか?????

ちなみに私は51歳。
今朝、パジャマに裸足でベランダ出たところ、
花の水やり用の水が凍っていました。
しかし、
それほどの寒さを感じず、
裸足のまま、
燃えるゴミと燃えないゴミの分別をしていました。


ANA HOUSE(総合免税店)WEBサイト

水広場



海外ツアーはルックJTB

炭焙き珈房“るびあ”

amazon.co.jpで買い物/hiropechiのおすすめ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/03

脳梗塞


昨年の5月に
可愛い女の子に恵まれたその人は43歳。
体重は100㎏を少し超えた、大デブ。
イヤッイヤッ、
100キロ越えは赤ん坊ではなくオヤジの方。

愛娘を見つめる100キロ越えは、
健康を目指してダイエット。
「この子の成人になる日も、元気な父親でいよう」
の思いで、
100キロ越えの巨漢は汗を流したのでした・・・・・。

ダイエットの成果で7㎏も減らすことが出来たオヤジ。
それでもまだ100キログラム。
「もう少しで、2ケタだ・・・!!!!!」
と喜ぶ彼。

しかし、
その彼が数日前にドクター・ヘリで病院に運ばれた。
脳梗塞。
言葉が出なく、
左半身の自由が利かず、
右半身も、思うように動かない。

親父43歳、娘0歳の冬。

今日(2月2日)の朝日新聞。
7年前に脳梗塞で倒れた
歌手の西城秀樹さんの記事が載っていた。

2週間で5キロ減らすむちゃなダイエット。
激しい運動の後のサウナ。
十分な水分を取らなかったために、
スムーズな血の流れが損なわれたとのこと。

後遺症で言葉が出にくくなった彼。
歌手として致命的。
軽いうつ状態から・・・・いっそ死んでしまいたい・・・・・。

人と比べなくてもいい。
歌手を辞めなくてもいい。
出来ることから始めていけばやり直せる。

医者の言葉から希望を持った西城秀樹さんは、
リハビリに励んだとのこと。

箸で豆をつまんで皿に移す。
発声練習。
血流を良くするためのウォーキング。
魚と野菜中心の食事 。
            (朝日新聞記事より抜粋)

現在の西城秀樹さんは、
アコースティックライブを行っているとのことです。
ピアノ伴奏だけの
『ヤングマン』を聴いてみたいものですね。

『脳梗塞』といっても、
病状の度合いはさまざまあり・・・・・・、
見舞いに行ったところ、
確かに彼はダイエットを行っていたらしく、
ホッソリし、人相が変わるほど。
「忙しいのに、ありがとう」と言っているのだろう。
しかし聞き取れない。

その彼の車椅子を押していたのは、
以前に脳梗塞で患った経験を持つ、彼の親友。
私の目から見ても完治した彼の親友。
そして、
親友の奥さんと義妹は寄り添うように話し合っている。
完治した親友の姿が希望であり、
支えた奥さんの言葉が道標なのだろう。



ANA HOUSE(総合免税店)WEBサイト

水広場



海外ツアーはルックJTB

炭焙き珈房“るびあ”

amazon.co.jpで買い物/hiropechiのおすすめ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »