« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011/05/25

53歳です

53歳の誕生日
先日、53歳の誕生日を迎えました。
53歳はやはり若くはないのですね。
なんとなく、
体力の衰えを実感する場面が増え、
これから梅雨の季節がやってきますが、
古傷が痛み出すのです。

3歳年下のカミさんが、
思いを決して老眼鏡を購入しました。
普段、
頻繁に使用する機会があるという事で、
フレームもレンズも高級物。

それでは私も・・・・・・・。
と選んでしまったのが、
RAY-BANの最新・フレーム。
すごく軽くて、
装着の際の違和感も無いのです。
さすが、RAY-BAN!!!!

しかし、
この高級老眼鏡を購入しても、
普段どれほど使うのだろうか?????
1時間だろうか~~~~、
2時間だろうか~~~~~。
実際、不便を感じる場面が
頻繁にあるわけでない自分の生活。
強いて言えば、
最近の紫外線の強さを考えれば、
サングラスの方が使用頻度が高い。

と言うことで、
レイバンのメガネ・フレームの購入は
保留にしたのです。

今しばらくは、
量販店で購入した老眼鏡を使用します。



ANA HOUSE(総合免税店)WEBサイト

水広場



海外ツアーはルックJTB

炭焙き珈房“るびあ”

amazon.co.jpで買い物/hiropechiのおすすめ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/15

『Songs of the Beatles』サラ・ボーン

『Songs of the Beatles』サラ・ボーン レコード盤って知ってますか???
レコード盤って覚えてますか???

遠い昔、
その黒い無骨な円盤が、
美しい音楽を聴かせてくれたのです。
楽しい音楽を聴かせてくれたのです。
涙の音楽を聴かせてくれたのです。

しかし、
いつからだろうか・・・・・・???
レコード盤より小さい、
キラキラ輝いたCDなるものが出てきて ・・・。
また、
そいつはキズにも強く、
雑音の無いクリヤーな音を出してくれて・・・。
でも、
でも・・・・・、
きれいな音だけど、
「聞き比べたら、
何故かレコード盤のほうが音の幅があるような・・・
レコード盤のほうが身体に響く音のような・・・・・・・・」
それは、錯覚だったのかもしれないけれど、
やはり、
レコード盤の音のほうが心に響いたから、
レコード盤の低音のほうがズシーンときたから、
気になるCDには手をつけなかったのです。

それでも、
機械は時には壊れるもの。
レコード盤から音楽を引き出してくれる
レコード・プレイヤーが回らなくなってしまった。

300枚を超えるレコード盤は、
オーディオ・マニアの先輩に譲渡。

それでもやはり、
聴き返したくなる音楽が沢山あるのです。

Songs of the Beatlesサラ・ボーン
サラ・ボーンがビートルズを歌う。
別に自分風にアレンジしているわけではなく、
ただ、
「わたしは、ただビートルズを歌っているのです」
って感じで、
なんとなく気だるさを感じさせる歌声。

先日、
アマゾンからCD盤を購入しました。

気負うことなく、聴き入る事ができ、
サラ・ボーンの名盤です。

『ビートルズ全詩集』に目を通して、
歌の意味を確認し、口ずさむのも楽しいものです。


                   




             






ANA HOUSE(総合免税店)WEBサイト

水広場



海外ツアーはルックJTB

炭焙き珈房“るびあ”

amazon.co.jpで買い物/hiropechiのおすすめ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »