« 柱サボテンの花が咲いた | トップページ | 筑波山登山-その2 »

2012/11/13

筑波山登山-その1

過去に富士山に2回登りました。
25年ほど前の若い・・・若い青年だった頃。

その頃の富士山は、
ほぼ整備された登山道が延々と続き、
アクセント的に
両手をも使わなければならない岩登りの部分が
数か所ある程度。

若者たちの装備は、
ジーパンにTシャツ、靴は愛用のコンバース。
背中のデイパックには弁当とオヤツと、
防寒用にウィンドブレーカーが1枚。
それに、
日の丸国旗をつけた金剛棒で、一端の登山者気分。
加えて、
7合目あたりから始まる高山病が、
「日本の最高、最難所の富士山に挑んでいる。
俺は登山をしている。俺は登山家だ!!!!」
と、気持ちを高揚させてくれる。

登山とは、
そういうものだと思っていました。
そんな登山を2回もしたことが自慢でした。

カミさんが友達と2人で高尾山を楽しみました。
その時のカミさんのスタイルは、
登山を意識したものではなかったのですが、
友達は登山靴を履いての、
それなりのスタイルだったとの事。
それでも楽しい時間を過ごすことが出来たらしく、
「富士山に登りたい」と言い始めたのです。

と言う事で、
mont-bellの登山靴を購入し、
足慣らしの意味で、
筑波山に挑むことにしたのです・・・・・・が。
モンベルの登山靴 カミさんが青を選んだので、
自分は赤にしたのですが・・・・・・。

モンベル - アウトドア総合ブランド

ANA HOUSE(総合免税店)WEBサイト

水広場



海外ツアーはルックJTB

炭焙き珈房“るびあ”

amazon.co.jpで買い物/hiropechiのおすすめ

|

« 柱サボテンの花が咲いた | トップページ | 筑波山登山-その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72973/56106500

この記事へのトラックバック一覧です: 筑波山登山-その1:

« 柱サボテンの花が咲いた | トップページ | 筑波山登山-その2 »