« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013/06/08

『永遠の0』百田尚樹

『永遠の0』百田尚樹 
映画『永遠の0』2013年12月公開
映画『永遠の0(ゼロ)』オリジナル予告編 – YouTube

通勤バスの中で、
読んでいて・・・・・涙で目が潤む。
人に気づかれるのが嫌で、
とりあえず本のページと閉じるが、
心が静まる事がなく、
ツ~~~~ッ
っと、落ちてしまった。

『天才』だが『臆病者』
生きて帰れない特攻で、
生きて帰りたかった・・・・・・・・

戦争当時の日本は、
戦地の兵隊さんは、
「天皇陛下バンザイ!!!!!」
と言って、喜んで死んでいった。
なんて事を、
今の若者に言っても理解できないでしょう。
また、
そんな事は理解する必要は無く、
そんな事は、
そんな事は9割がた嘘、
だと思うのです。

どんなに不利な対戦であっても、
生き残れる可能性があったから、
果敢に戦った兵隊さん。
それなのに、
特攻なんて作戦を考え付いた軍部の非人道的作戦。
永遠の0』には、
軍のトップへの批判が頻繁に出てくるが、
特攻なんて考えつき、実行したのだから、
批判されて当然だろう。

映画『聯合艦隊司令長官山本五十六』
をDVDで観たが、
『永遠の0』と重なる部分があるのでの、
あながち100%フィクションの内容ではないだろうと思うのだが ・・・・・・

憲法を変えて、
自衛隊が軍隊として動きやすくしようとする安倍首相と
その周りの大臣・政治家たちは戦争を体験していない。 だから戦争を知らない。

極端な言い方をすれば、
仮に、
今戦争が起きても、
安倍首相は、
戦争を知ることは出来ても、
戦争を体験することは無い。
体験するのは、
若い兵隊さん。


いずれにしても、
今話題の百田尚樹の著書。 
モンスター
海賊とよばれた男
も読んでみようと思っています。

そして、
12月公開の映画『永遠の0 も気になるところ。
原作を超える映画である事に期待!!!!!



百田尚樹の作品/amazon.co.jp

            


          


                      



ANA HOUSE(総合免税店)WEBサイト

水広場



海外ツアーはルックJTB

炭焙き珈房“るびあ”

amazon.co.jpで買い物/hiropechiのおすすめ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »