« 2015年8月 | トップページ | 2015年11月 »

2015/10/29

「長崎巡礼」

昨年、
長崎の大浦天主堂浦上天主堂
中町教会を巡りました。
その後、遠藤周作の「沈黙 」、「女の一生(キクの場合) 」「女の一生(サチ子の場合) 」を読み・・・・・・、
大浦天主堂のマリア様の前で手を合わせてみたい、
と思い再度訪れた長崎。

長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の、
平成28年度のユネスコ世界遺産登録を目指して、
整備しようとしての動きが感じられ、
活気がありました。 
しかし、 
それは 大浦天主堂浦上天主堂のように、
観光化された教会のみで、
出津教会堂黒崎教会馬込教会堂神ノ島教会などは、訪れる観光客をおらず・・・・・・・・・。
でも、
教会は祈りの聖域。
その事を、再認識させられる瞬間でした。

最終日、
長崎駅の近くの中町教会で、
今回の旅行を振り返り、
思いました。
もしも自分が、
沈黙」の時代のキリスト教信者だったら・・・・。
踏み絵」を目の前に出されたら・・・・。
キチジローのように「踏み絵」を踏み、神父を裏切り、
それでも神を求めて彷徨い続ける、
卑怯な男になるような・・・・・・。
神が怖くて「踏み絵」を踏むことが出来ず、
殉教する臆病な男になるような・・・・・・。
決して、
日本26人聖人」ではないだろうな・・・・。
そう思うと、
沈黙」の時代に生まれなくてよかった~~~~
が本心です。

と言いながらも、
我が家の宗教は浄土真宗・西本願寺
そのため、
五木寛之の「親鸞」 を読みあさりましたが、
遠藤周作の小説が好きな私は、
キリスト教にも興味があるのです。
キリスト教のファンなのです。

「祈る」の人の心。
羨ましく思い、
憧れる自分です。  
 

               
                  
            




ANA HOUSE(総合免税店)WEBサイト

水広場



海外ツアーはルックJTB

炭焙き珈房“るびあ”

amazon.co.jpで買い物/hiropechiのおすすめ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/10/06

トモコ

今日も、
いつものように起床し、
美味しく朝食を食べました。

時間に追いかけらるように、 仕事をこなし・・・・・。
帰宅し、 一日の汗を流したら、 ビールで喉を潤す。
「ウマイッ!!!!!」 と思った瞬間、
あなたを思い出したのです。

何気ない日々の流れの中に、
あなたが突然に現れるのです。

30年以上も前の事でしょうか。
夜遅くの帰宅と同時にヒロミちゃんからの電話。
泣き声で、
「トモちゃんが死んじゃった!!!」

その日は、
夕方から沢山の友達と、
お酒を楽しく飲んでいたのに・・・。
そして、あなたの家まで、
あと1kmもない場所だったのに・・・。

あなたは後部座席で心地よく眠っていたので、
その出来事は分からなかったのでしょうか。

追い越しを掛ける乗用車。
それを許さない乗用車。

左に寄ってくる乗用車。
左に逃げる乗用車。

そして、ガードレールに衝突。
あなたは車の外に放り出され・・・・。

通夜は自宅でしたね。
遺影のあなたは、
5歳ほど若く見え、 笑顔でした。 

「忙しいところ、有難う御座います。
トモコがお借りしているものはありませんか?
どうぞ、トモコの部屋に入って探してください」
と、お母様のお言葉。
確かに音楽CDや本をあなたに預けてはいましたが、
ヒロミちゃん他数人と共に、
あなたの部屋に入りました。
既に4・5人の男女が腰を下ろしていて、
そして、
あなたの思い出をボソッ、ボソッと語り合いました。
やはり、悲しい時間の流れでした。

帰りに、事故現場に寄りましたが、
本当にあなたの家とは、
目と鼻の先ではないですか!!!
その事が、何とも悲しくて、より悲しくて・・・・・・
みんな・・・声を出して泣いたのです。

トモコさん、
今でも時々あなたの事を思い出します。
と言うか・・・・突然あなたが現れる時があります。

そして、チョット気になるのですが・・・・・。
運転していた男性と助手席の女性は、
足の骨折だけで命は助かったのですが・・・。
長い年月を過ぎた今日、
私のように、
トモコさんを思い出すことはあるのでしょうか。
あの場所を車で走ることは、あるのでしょうか。
あの場所で、何を想うのでしょうか。
きっと、
私以上に・・・・・・
胸を締め付けられる想いをしているのでしょう。





ANA HOUSE(総合免税店)WEBサイト

水広場



海外ツアーはルックJTB

炭焙き珈房“るびあ”

amazon.co.jpで買い物/hiropechiのおすすめ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年11月 »