« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016/05/20

悲しい対応

伊香保温泉 石段街拝啓
先日「✖✖旅館」様を
利用させていただいたものです。
5月12日から15日の3拍4日の
伊香保温泉の旅行の際、
12日・13日は「岸権旅館」さんを利用させていただき、その心の行き届いたサービスに大満足しました。
14日の朝9時頃に荷物を預けるために、
「✖✖旅館」さんに向かいました。
とても明るい笑顔で対応して頂き、
「✖✖旅館」さんでの時間も、
大きな期待に胸を膨らませ、観光に出かけました。

午前中は「卯三郎こけし」に向かい、
こけしの製造工程を見学し、
午後には「竹下夢二伊香保記念館」を観ました。
「✖✖旅館」さんでのチックインは17時頃でした。
大きな団体さんが入っていたのでしょう。
ロビー全体が賑やかで、
従業員の方々は忙しそうでした。

「607号室」に案内されて、
窓を開けて大変驚きました。
全体に工事用の足場が組まれていたのです。
下から人が上がってくるなど、
防犯上大丈夫なのだろうか???
いずれにしてもチェックインの際、
なんの説明も無いのは、
大きな手落ちではないでしょうか。
また空気清浄機とトイレのドアに貼られている、
猫の足のステッカーにも気になりました。
以前、宿泊した子供が張り付けたものが残っているのだろうか?
などなど疑問を感じながらも、
疲れを取るために温泉に向かいました。

19時からの夕食。
並べられる数々の料理に心が躍りました。
が、やはり団体さんの対応に忙しいのでしょう。
仲居さんの携帯電話が鳴りだし、
「後程、御飯とおうどんがありますので、
食べ終わりましたら電話をお願いします」
と言い残し、そそくさと出て行きました。
私と妻は、
そんな様子を笑いながら食事を始めたのです。
しかし、
目の前の料理に何か違和感を感じました。
この料理は、いつ食器に盛り付けられたのだろうか?
正面が何となく乾いている様に感じるのは、
気のせいなのか??
その様な疑念を感じながらも食べ終え、
御飯とうどんをお願いしました。

本当に仲居さんは忙しかったのですね。
御飯とうどんを持って来たと同時に、
またしても仲居さんの携帯電話が鳴りました。
食べ終わった食器を片付けもせず、
テーブルの角のスペースに御飯とうどんを置いて、
又してもあわただしく出て行きました。
私と妻は、目の前の食べ終わった食器を移動し、
少々の怒りをも感じながら、うどんを食したのです。

片付けに来た仲居さんにたずねました。
「ネコの足のステッカーは、
何か意味があるのですか?」
仲居さんは少々考え、
「おそらくジャランだと思います」
ジャラン!!!!!
私も妻も、その意味を十分理解しましたが、
理解しましたが・・・・・・。
そこで、
「チェックインの時、なんの説明も無かったのですが、
大きな工事でも行われているのですか?」
と窓の外の足場を示したところ、
仲居さんは驚き、
「早々に、支配人に報告します」と言い、
出て行かれました。

10分程して、
支配人の○○さんがいらっしゃいました。
私としても、言わなくても理解しているものと思い、
何も申しませんでした。
それが悪かったのですね。
強く言うべきでした。
「観光地の旅館の窓からの景観が、
工事中の足場かよ!!!
それに関して、
なんの説明も無いなんて客を馬鹿にしている!!!
団体客の対応に忙しいのは判るが、
その忙しさ・慌ただしさを、一般客に見せるな!!
サービスをおろそかにするな!!!」
と大きな声を出して、
示さなければ分からなかったのですね。

しかし、
楽しむべき旅行に、
声を荒げるのは悲しいですよね。
楽しむべき旅行が、
台無しになりますよね。

○○さんは、
ドア越しに「申し訳ありませんでした」と軽く言い、
ドア越しにコーヒー券2枚を渡して、
さって行きました。
それだけです。
1分の時間も要しない、
なんとも軽い対応でした。

15日の朝。
団体さんの見送りでロビーはざわついていたので、
いただいたコーヒー券を使わせていただきました。
しかし残念な事に、香りも味も薄く、
500円で提供している珈琲とは、
とても思えない珈琲でした。

ロビーが静かになったので、
フロントでチェックアウトをしました。
その際、支配人の○○さんも、
「✖✖旅館」の女将さんも顔を出しませんでした。
なんとも、 寂しい思いで「✖✖旅館」を後にした、
私たち夫婦でした。

「✖✖旅館」さんどの様に思われますか???
「ジャランや楽天を使って、
優雅な時間を過ごそうなんて、虫がいいんだよ」
なんて思っていませんよね?????
数十人の団体客のほうが利益が多いので、
そちらを優先している、
なんて事はありませんよね?????

貴重なお金と、貴重な時間を使って、
年に1回か2回の旅行を楽しんでいる人が
ほとんどだと思います。
そして、
宿での時間はとても重要な位置を占めています。
そうは言っても、
時には、イレギラー、トラブルが生じるものです。
繁忙期には「工事中の足場が丸見え」の部屋を
提供しなければならなくなるかもしれません。
しかし対応によっては、
それも楽しい思い出になるのです。

私の場合は、コーヒーが美味しかったら、
全てが楽しくなったかもしれません。
チェックアウトの際、
女将さんが顔を出してくれたなら、
窓から見えた工事の足場も、
楽しい景観になったかもしれません。

伊香保温泉で、
雪降る露天風呂が最高!!!!!と思っています。
その際は、ジャランか楽天を使って
岸権旅館」さんに御願いしようと思っています。
また、知人にも「岸権旅館」さんを勧めます。
「✖✖旅館」さんを勧めることは、決して無いでしょう。

私共夫婦の「✖✖旅館」さんでの『悲しい時間』を、
少しでも理解していただきたく、文章にしました。
御参考にしていただければ、嬉しく思います。
                                                             敬具





ANA HOUSE(総合免税店)WEBサイト



海外ツアーはルックJTB

業界最安値の宿泊クーポンなら、トクー!

炭焙き珈房“るびあ”

amazon.co.jpで買い物/hiropechiのおすすめ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »