« 憧れのスポーツ・カー | トップページ | 『小説 阿難』五井昌久 »

2017/05/15

30年前の手紙

お嬢チャンには、
両親の次に大好きなオバさんがいました。
しかし、年に数度しか会えないオバさんなので、
手紙をセッセと書きました。
オバさんの顔を思い浮かべながら、楽しそうに・・・。
手紙と一緒に大切にしているシールも、
封筒に入れました。
オバさんの喜ぶ顔が目の前に現れ、
お嬢チャンも幸せになりました。

30年後,

お嬢チャンだったその人が、
「ヤダーッ、恥ずかしい!!」
「ナニッーこの文章!!」
「大人に、こんなシールを送るなんて・・
バカじゃない!!」
ひとり、はしゃいでいおります。
オバさんは、
お嬢チャンが大きくなったら渡してあげようと、
箪笥の中に、大切に仕舞って置いたのですが・・・
30年程過ぎてから偶然見つけ出し、
その時の想いを実行したのでした。

2001/03/13 著





ANA HOUSE(総合免税店)WEBサイト



海外ツアーはルックJTB

業界最安値の宿泊クーポンなら、トクー!

炭焙き珈房“るびあ”

amazon.co.jpで買い物/hiropechiのおすすめ

|

« 憧れのスポーツ・カー | トップページ | 『小説 阿難』五井昌久 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72973/65283465

この記事へのトラックバック一覧です: 30年前の手紙:

« 憧れのスポーツ・カー | トップページ | 『小説 阿難』五井昌久 »